ジョン卿にトキメイテ。

私は髭おじさま(紳士)専科なのだ。

・・・と、今回のミーマイを観て確信した(今更)。

ジョン卿が好きだ!

DVDで観た久世ジョン卿もキリヤンジョン卿もそのかジョン卿も壮くんジョン卿もみわっちジョン卿も…みんなみんな好き。これから何度『ミーマイ』が再演され続けても、ジョン卿を楽しみに観ていけるんじゃ…と思えるくらいジョン卿というキャラクターが好きだ(笑)

今回は、壮ジョン卿とみわっちジョン卿を観たわけだけど、どちらも実にイイ。
みわっちジョン卿はオーソドックスな感じで素敵なおじさま。補正もちゃんとおじさまらしく、マリアの京さんともとてもバランスが取れていた。みわっちはジェラルドもとても良かったので、やはり上手い人なのだなーと思う。ただ、上手すぎて若干面白みに欠けるジョン卿ではあったかも。みわっちに関してはジェラルドの方が華があって似合っていたように思う。ジェラルドがただのアホに見えなかったことはかなり衝撃的だった(あひちゃんに含むところは無い)。どっちが正しいのかはわからないけど、みわっちのジェラルドは好きだ。

反対に壮ジョン卿はジョン卿にあるまじき華があるジョン卿で(笑)マリア京さんとはアンバランスなのに、ありかもと思わせる夢夢しいジョン卿だった。というか…とにかく格好いいのだ!壮ジョン卿。ジョン卿としてはどうだか良くわかんないけど、“髭おじさま(紳士)専科”としては100%好みです!後、壮ジョン卿はとにかく間合いがイイ。ジャッキーの時も上手かったので、壮くんがとにかく間合いが上手いのだ。だから思わず笑ってしまう。あの“私は・・・動けない”の間は本当に絶妙だった。

と、ジョン卿についてまず熱く語ってしまったけど、花組のミーマイ、主役の二人を始めなかなか役者が揃っていたと思う。
まとビルは賛否両論あったようだけど、どちらの意見も良くわかる。私はまとぶんの女性に対しても男性に対しても見せる兄貴的な色気や男気がとても好きなので、初日のあの裏返り声っぷりには少々退いた。元々、まとぶんのあの声は苦手なのだ。せっかく男前なのに…と惜しく思ってしまう。が、その反面今回“ビル”としてはあの声以外は非常にしっくりきたのだ。私はあさこビルが初ミーマイで、あさこビルが大好き。何てたってあさこビルは格好いい。でも…ビルとしてどうか?って聞かれたらわからない。でも、まとビルは何故だか“あぁビルだ”と思えた。あさこビルだと違和感のあった台詞の一つ一つにまとビルは違和感が無いのだ。だからちゃんとおもしろい。私が最後に見た時は、裏返り声は少なく“愛が世界をまわらせる”以外はほとんど気にならなかった。それより格好いい声が印象に残るサリーに愛情たっぷりの男前なビルだった。1カ所残念だったのは、“愛が世界をまわらせる”を裏返った声のままで歌ってしまったこと。切り替えが難しいし、役的にはあの声がいいのかも…だけど、私は男前声で聞きたかったなー。

そして、今回とても良いなーと思ったのは、ビルを受けるヘアフォード家の面々等みんなの間合いがとても上手く、本来笑うべき所がちゃんと笑うべき所として存在していた事。これは月組版を経て三木先生がブラッシュアップしたのだとは思うけど、花組っ子達のコメディセンスが良いせいもあると思う。
何と言っても、サリーの彩音ちゃんが良かった。彩音ちゃんは可憐な役が多かったけど『メランコリック・ジゴロ』でもコメディエンヌの片鱗はあったし、やはりきっぷのイイ役が意外と似合うのだ。今回のサリーはとにかく可愛い。もうバカな所が可愛い。ビルが大好きでバカなふりする所が可愛い。おバカビルと二人、何ともいえないバカップルぶりが、見ていて恥ずかしくなるぐらいなのに、可愛くて仕方がなかった。

ヘアフォード家の面々。京さんは博多よりずっとイキイキとしたマリアだった。可憐さに磨きがかかっていた(笑)まやさんのパーチェスターはもう職人芸。立ち姿がTCAPRESSのパラパラ漫画を思い出させて可愛かったなー。組長も間の良いヘザーセットで、部屋から調理場への転換の間がとても良かった。ふみかちゃんのジャスパー卿は声が若いのがずっと気になったんだけど、物腰は本当に可愛いおじいちゃまだった。さあやのバターズビー夫人はお似合いだったけど、いかんせん隣にいるマメのバターズビー卿が強烈過ぎて目に入りにくかった。あの赤ら顔。歴代バターズビーの中であれほどバターズビーをプロファイルした人もいないんじゃないかってぐらいのバターズビーぶり。妙にスタイルがイイもんだから白いスラックスが変に似合ってて…ホント目が離せない変なバターズビーだった。特に“家付き弁護士”の踊り…私はジョン卿が見たいのに!後、ジョン卿たちと組んで踊る“ちょいと”の所も妙に足が綺麗に高く上がっていて見とれてしまった(笑)こんなにバターズビーを見たのは初めてだわ。マメ・・・面白い子だ。

そして、役替わり陣。まぁくんのジャッキーはとにかく“デカッ!”足が長くて美しいんだけどとにかく常に“デカッ!”って思ってしまった。ジェラルドは華もたっぷりでお似合い。壮ジャッキーとの並びはお似合いの美男美女。歌声は伸びも声量もあって今後が楽しみだなー。今回は壮ジャッキーともに割と地声というか男声のままだったように感じたんだけど…?おかま風味満載で二人ともとても良かった。
壮ジャッキーはまぁくんの後に見たので、それ程“デカッ!”とは思わないものの、そのおかまぶりというか“猛獣”ぶりは最強で月組のジャッキーズが非常に可愛かったもんだから、とても正しいジャッキーを見た気がした(笑)最後の、まとビルの“俺は獣医じゃないからな”の台詞に納得できる(笑)とにかく企み顔の壮ジャッキーステキでした。

後、ミーマイといえば(?)イケメン仲買人ズ。初日はあまり印象に残らなかったのに楽近くは凄く格好良くなっていた!瀬戸かずやくんか真瀬はるかくんがかなり好みだったんだけど、どちらだろう?今回パンフレットと見合わせる暇も無かったので…残念ながらどちらか不明。あーもっと見たかった。
娘ちゃんはやはり姫花ちゃんに釘付け。誰が何と言おうとあの声もろとも好き。

今回、やはりミーマイは好きだなーと思ったのと、バウともども今の花組ってイイぞーと思える公演でした。

だから・・・次がベルばらってが残念でならないぃーー
[PR]
by glikoma | 2009-07-22 04:21 | 花組


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧