2009年 07月 21日 ( 1 )

めおちゃんの牧師姿に…

少しイロイロ落ち着いたのでブログを書く意欲が湧いてきました。
事態は好転してはいないけど、受け止めて前向きにやっていこうという気持ちになってきた…かな?これから何度も折れそうになる時が来るかもしれないけど、出来るだけ宝塚観劇を続けてがんばっていこうと思います〜

週末に観た二つの舞台が元気を沢山くれたから。

まずは、花組バウ公演の『フィフティ・フィフティ』
みつるも、めおちゃんも一皮むけたというか、本当に魅せる役者になりましたねー。『銀ちゃんの恋』の二人がとても良かったので、今回本当に楽しみな組み合わせでした。

みつるは文句なく役者として大きく成長したなー。プラス男役としても、ただその美貌だけでなく味わいのある魅力や包容力まで出てきて、見ている方がとまどうくらい。彼女の中で何かが大きく変わったんでしょうね。一つには“演じる楽しさを知った”というのがあると思う。舞台での楽しそうに活き活きとした姿は見ている方も自然に舞台へと引き込んでくれる。今回のジョナサンという少し複雑な役所もとても自然に演じていて、彼の心の揺れがこちらにもとても伝わってきた。そしてオープニングのダンスシーンなんかでは確実にお客さんを“釣ろう!”と意識的に見せている目線やポーズがサマになっていて、何だか私などは釣られる前に感慨深くなってしまったぐらいだった(笑)

めおちゃんは正直、私的になかなか魅力のわからない人だったのだけど、『あさきゆめみしⅡ』の柏木、『銀ちゃん』の橘、『哀しみのコルドバ』のフェリーペと私好みの役柄が続き徐々に気になる存在になってきた。そして今回のヴィクター。かなり好きです!イケメンぶりの怪しさ(妖しさではなく)は、ハッキリ言って某“ラーメンつけ麺僕イケメン”の人並に“怪しい”んですが、なんだか時々ときめいてしまった(笑)脳天気さんの裏にある影はヴィクターの魅力であり、それを演じるめおちゃんの魅力となっていた。ヴィクターがパメラとは結ばれず意外な道へと進んだことは私としては大いに納得で、いつも何故かそんな男に惹かれるので今回ジョナサンよりヴィクターに惹かれた自分にも大いに納得。
で、何よりめおちゃんのスタイルの良さはいつ見ても素晴らしいのだけど、今回あの牧師姿の似合う事といったら!実は女性とは思えないウラオモテの無いペラペラでスラリとしたあの体型は何なんだろう!羨まし過ぎるぞ!後で見た歌劇で本人も“牧師姿が似合う”と言っていたのには驚いたけどこちらも大いに納得(笑) 

邦さんのヘレン婆さんには泣かされた。今回私が泣いたのは、みんなの合唱(凄く良かった!)とヘレン婆さんがジョナサンとヴィクターに最後にかけた言葉でだ。お母さんネタは本当に弱いので今回はここがトドメだったように思う。
まりんさんは本当にいいよなー。結構男前なのにおもしろい役が似合う。貴重だ。専科さんがどんどんいなくなる今、本当に大切な存在だと思う。いずれの組長候補だとは思うけどずっといて欲しい。
以前のように?な使い方ではなく、正しい使われ方だと最近感じるともよさん。美形おじさま専科として今後も活躍して欲しい。
懺悔すると、ふみかくんとレネくんが微妙に見分けがついていない私。今回二人とも結構な活躍なので更に混乱したのだけど、これでちゃんとわかった…と思う。どちらも愛すべき存在でした。

らいらいは今回でかなり印象付いた。やはり今まで私の中で不確かな存在だったのだけど…。覚えました!ビリー。スタイルも良くて男前で…楽しみです。
だいもんは破格の出来っぷりで、私でもずっと前から目に付く存在だけど…私にはどーも女の子に見えてしまう。今回もあのリーゼントで着物着たらどこぞの格好いいママみたいだなーと思って見ていた。うん、女の子というより色っぽい女性に見えてしまう。でも、途中まったく出番が無いのが惜しいくらいの存在感ではあった。(ホント、いつまた出てくるのかなーと思っていた)

今回は娘役ちゃん達が活躍で眼福&沢山覚えることができて嬉しい。パメラのきらりちゃん、クララのれみちゃんは本当にカウガール姿が可愛くて可愛くて。れみちゃんは私の好きなまぁちゃんを思い出させるなー。後、あまちゃきは本当に目が離せない不思議な魅力がある。キャシーって最終的にいるのか?って役柄なのにとっても重要な役所のようにも思えた。キャシーが50/50の片っ方みたいな。

下級生陣で目に止まるのは、やはりアーサー。あの色気はただもんじゃない。
後一人、私の目を釘付けにした人が…それは…たそ…そう!天真みちるくん。あの髭面はなんじゃー(笑)しかも妙におっさんぽい演技で、目の前にくるともー目が離せなくて、真ん中でみつる達が演技していても目はみちるくんの髭面に…。髭といえど私の好きな“髭紳士専科”とは全く違うタイプ…なのに目が離せない。ジェンヌとして…いや女の子としてあの髭面の似合いっぷりってどうなのぉーー天真みちるくん…うめたそ…しっかり覚えました。
牛の二人もがんばってましたねー。最下級生とはいえど、香盤で“牛”とか“カウちゃん”とか“ブルくん”とか見た日にゃ、落ち込んだんじゃないでしょうか…。でも蓋を開けたら大人気の牛ズ。みらいくんとせいらちゃん良かったねー。

今回、石田先生を誉めるとしたら配役の妙だと思う(上目線でスミマセン。ジェンヌに優しく、演出家に厳しくなもんで)。『銀ちゃん』でも『50/50』でも“この配役は無いよなー”というのが無く、下級生にいたるまで良い配役だなーと思う。その分おもしろみにかける所もあるけれど、はまった時はかなりエエモン見せていただけるのだ。今回もみんなの魅力を“色んな方向に”引き出していたと思う。ジェンヌとしていいかどうかは別として…

しかし…舞台装置。あれは無いよなー。100歩譲って可愛…くはあるのかもしれないけど、センスは無いよなー。教会のあの十字架とか何だ?あれはどう見たってゲルマン系だろう。何か含みがあるのかと思ってしまう。とにかく学芸会か吉本かってノリだなー。ヅカに今一番必要なのは舞台美術のセンスなんじゃなかろうか。
[PR]
by glikoma | 2009-07-21 23:59 | 花組


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧