カテゴリ:OG( 112 )

ワンダフルタウン

梅芸でとうこさん主演の『ワンダフルタウン』初日を観てまいりました〜

バーンスタインの上質ミュージカルでしたが・・・

最初展開の遅さ、だるさに“古さは否めないなぁ・・”
なんて思ったのですが、なんの、古いというよりとても難易度の高い
ミュージカルだなぁーと思いました。

耳馴染みは良いけど、難しい楽曲やJAZZアレンジ、踊りだけで見せる場面
などなどかなりスキルを要求される様に感じました。
後、観客のノリも・・・

オギー演出でオープニングを観たら、花組の『TUXED JAZZ』を思い出した。
・・でも、宝塚の『TUXED JAZZ』の方がずっと華やかで楽しかったなー・・
と、まだまだ宝塚脳全開の私は感じてしまった。
日頃色々ぶーたれてるけど、改めて宝塚の華やかさを思い知らされたな。
『ワンダフルタウン』に出ている人達の方がずっとスキルは高いと思うし
上質なイメージはあるんだけど・・ミュージカルには、華が欲しい!!
オギーはやっぱり宝塚でこそ輝く人だったんじゃないかとぉぉ。。

全体にヒロインもとうこさんというより、(とうこさん出ずっぱりだけど)
妹役の大和田美帆ちゃんな感じ。
この大和田美帆ちゃん、上手い。というか、歌声が凄く好みです。
嫌みかアホに見えかねないアイリーンをとてもキュートに演じていて、
あのモテモテぶりにも納得。
ハムの人・・じゃなく、別所哲也さんのボブがいつとうこさんルースに
恋したのかが謎。(ま、本人気づいていなかったわけですが)
ルースのボブへの恋心ももっと頑張って欲しいな・・とうこさん(笑)
全体にもう少しメリハリがつくとイイ感じかなー

アンサンブルの背の高いダンサーの女性とヴァレンティ役の人、
星名優里さんのはじけっぷりがステキでした。
大阪なんで尻上がりにノリも良くなると思うので、
後半に観に行けば良かったかも・・

故郷を思って姉妹が歌う唄『オハイオ』がとても良かったな〜
今でも耳に残っている。

今日は初めて新居から梅芸へ。6時17分に家を出たのに間に合った!
近さを実感(笑)
[PR]
by glikoma | 2010-11-18 23:59 | OG

反省。

大鳥れいさんのブログを読んでいたら、
同期で水さんの最後の公演を観たときの話があって
それを読んでいたらジーンとして涙が出そうに。。

宝塚っていいなーって、やっぱり思うんですけどね。

宝塚大好き!なブログを読んだりすると、自分のブログが
嫌になったりして・・・
ただ、宝塚大好き!って気持ちで書いていた頃に戻りたいなー

ところでハマコブログのはまこは可愛い過ぎるな。
あんな可愛らしい乙女がよく、あんなおっさんや
こんなおっさんを演じていたなーって。
ジェンヌさんてやっぱり凄いわ。
[PR]
by glikoma | 2010-11-12 07:32 | OG

オサコンなう。

大阪は、早朝物凄い雷雨でしたが
みなさん、劇場に無事着きましたか?

さぁ、それでは一夜の夢に浸ってまいります〜
[PR]
by glikoma | 2010-09-23 15:41 | OG

支えているのは。

実際は、こんなに普通でエエ子やなーと思えるお嬢さんだって
多いんだろうなーと、見る度に癒される
マメブログととーやんブログ。

だからこそ早くに新しい道へと転換したのかも・・ですが。

そんな彼女達が舞台で頑張る姿を見るのが好きでした。

そして道は変わっても、元気で幸せそうな彼女達を見ると
こちらも元気を貰えます。


しかし、マメは私の中では随分上級生・・というか専科なんじゃ?
ぐらいのイメージで見ていたんだけど(失礼・笑)
ともみんと同期だったんだね。
やっぱり早かったなー
宝塚では異質の輝きを放っていたけど、魅力的だった。
うめたそがしっかり後を継いでいるのが・・(笑)

とーやんは、とても正統派の二枚目さんで順風満帆に見えたけど・・
まじめそうで、決して器用なタイプって感じじゃ無かったな。
退団後1周年のコメントはとても素直に正直に語っていて
とーやんらしいな〜、私の好きになったジェンヌさんに間違いなし!と
変な自信が強まりました(笑)

・・てか、だからみんな早く辞めるのか?(ひぇ〜)

そういえば、最近どなたかジェンヌさんのブログで宙組だった
きみつんの“男前”なステキな姿を拝見しました。
ジェンヌさんだって色んな人がいる。本当にそう思う。


マメは舞台に立っているのだから、いつかまた会えるよね。
[PR]
by glikoma | 2010-08-24 23:59 | OG

オレはマジだぜぇ。

本日あさこさん、女優デビューでしたね。

始まっていたんですねー・・帝劇『エリザベート』(遠い目)
自分が行けないとなると、途端にチェックが薄くなる薄情者・・

今日は、あさこベート、石丸トート、万里生ルドですか・・

ふーーーん・・・


見たい・・


見たい・・・


見たいぃーーーーーーーーーーーーーーーっ!


取りあえず・・
帝劇のサイトで初日カーテンコールの映像を見ました。

振り向く真っ白なあさこしゃん・・・

あぁ、これだけでも泣ける。

ご挨拶で前に出る時、ちょっぴり“男前”な、あさたん。

あぁ、可愛過ぎ。


・・・・・・・(考えること数秒)


よし!

東京行くか!


えっ!?(←周囲の声)
[PR]
by glikoma | 2010-08-09 23:59 | OG

乗り遅れ。

調度色々あって乗り遅れ気味だったのは・・・

ゆみこさんの事。

新しい仕事がどんどん決まって焦るー
東京しかない公演はもう諦めがつくようになってきたけど
「Pal Joey」ですら乗り遅れたー
ぴあ、大阪は先行取り扱いなしってどういう事よー

ま・・大阪で完全に手に入らないってことは無いと思うけど・・
(残念なことではあるのですが・・このご時世・・)
発売日は忘れないようにしよう!

しかし、ゆみこさんたら・・
予想を裏切って(?)軽々と女に戻りましたねー(誉めてます)
隣の席の後輩(非ヅカファン)なんて
“彩吹さんと水さんは女になった姿が想像出来ません”
なーんて失礼なこと言ってるんですが・・
「Pal Joey」のHPの写真を見せたら驚愕してました(笑)

や、私も驚愕したんですがね。
その美しいかわりっぷり・・というか、変わってないのに女性!
ってことに驚いてます。
もしかしたら外見より心の男度・女度の差がそうさせるのかな?
ゆみこさん、心はとても細やかな女性って感じがする・・
・・ってことは、水さんも・・?んーーまだ想像がつかないぃー
・・ってことはさておき、
あんなに大平原が広がっていると思っていた場所に・・確かに・・
・・ちょっとショックでした(笑)

舞台早く観たいなーー
[PR]
by glikoma | 2010-07-29 01:58 | OG

Chopin et Sand

オサさんのCDが届きました〜


『Chopin et Sand-男と女-』

夏に聴くにはピッタリの涼やかな1枚でした。

はぁ〜早く引っ越して、綺麗な部屋でそよ風に吹かれて
このCDを聴きながら昼寝がしたい・・・

・・そんな感じです(笑)

ブックレットの写真がステキ(沢山写真が載っています!)

白いドレスのオサさんと黒いパンツスーツのオサさん。

以前の私なら迷わず黒のオサさんが好み。

でも、今は・・
白いドレスのオサさんがとーーーっても綺麗で
女性としてまーーーったく違和感が無くて(失礼な!)・・
ブックレットの写真を見たら、断然白のオサさんがステキ!

ま、どちらもステキなんですけどねー。

曲はやっぱりドラマチックな“追憶のバルセロナ”がいいわー
これを早く生歌で聴きたい!!
大阪公演は、この曲に参加のバンドネオンの小松亮太さんが
ゲストなのでライブでの二人のパフォーマンスが凄く楽しみ!

オサさんは断然ライブの人だと思う。
上手な人だからCDで聴いてもいいんだけど・・
ただ上手く歌うのではなく、
その時の心のままに自由に歌うことが出来る人だから
オサさんの歌は断然ライブで聴きたい。
それは宝塚時代も今も同じ思い。

今度のコンサートのぴあのインタビューで
-----------------------------------------------------------------------------
「宝塚でやっていたとき、自分は“歌の人”だとかそんなことはまるで思わず、
歌が自分の武器という意識もありませんでした。
ただ歌によって気持ちを表現することはすっごく好きでした。
・・・・・・』 @ぴあインタビューより
-----------------------------------------------------------------------------

と、語っていたオサさん。
私もまさにそう思って観ていました。歌が上手いから好きだったのではなく
その歌も含め彼女自身が表現する世界、その全てが好きでした。

だから、このCDを聴きながら今から9月のコンサートが
楽しみでたまりません〜


舞台の再演に関しては、残念な噂が出ているけど
あの時のオサさんや共演者のみなさんが作りあげた
あの時のあの世界が大好きだった私はそんなに落胆していません。
そりゃーもちろん、今のオサさんがあの役をやったら・・
それはそれで観たかった気はするけど。
でも、今の春野寿美礼がもっと素晴らしい新しい世界を
見せてくれると信じているから今はワクワクしながら
次のコンサートや舞台の情報を待っています〜
[PR]
by glikoma | 2010-07-28 23:59 | OG

・・とその前に、まさかの。

ロミジュリ語りの前に・・・

タニちゃんと七帆くん出演の『まさかのCHANGE?!』を
観てまいりました。

タニちゃんと七帆くんともに、退団後の舞台(my)初観劇。
好きなOGが多すぎて、ほとんど観られないのが悲しい〜
最近は諦めがつくのも早くなったけど・・・
関西在住ヅカファンだと忘れがちなんですが、
つくづく自分はラッキーだったんだな・・と最近思う。
OG公演、東京だけとか多いもんなー。。

が、『まさかのCHANGE?!』はまさかの大阪公演が!
タニちゃんと七帆くん両方一度に会えるとなったら行くしかない!
と、(かなり)無理矢理平日の千秋楽に行ってまいりました。

役柄のせいもあるけど、二人とも相変わらずとっても男前。
タニちゃんは、そのパーフェクトなBODYで男前だけど美女として
認識できる。が・・・七帆くん・・・えっと・・

“男前過ぎるやろーーーーー”

いえ、別に男前芝居してるわけじゃないんだけど、どっちかってーと
女の子っぽい芝居してると思うけど・・・
その補正いらずの男前体型が・・二幕のノースリーブランニングTの姿なんて
どの男性俳優より男前な体型で・・・

“格好良すぎるやろーーーーー”

宝塚時代もコメディエンヌの素養十分だったので、外での幅広い活躍は
本当に楽しみだけど、改めて宝塚の男役として余りにも惜しい逸材だったと
しみじみ思いました。。

タニちゃんは相変わらずキッラキラでやっぱり真ん中で輝く存在なんだな。
あの長すぎる手足をもてあましたようなダンスも同じだった。
見た目は完全に女性なのに、全く宝塚時代と印象が変わらない。
男役OGはみんな無理に女性っぽくしようとするせいかどこかしら違和感が
しばらくあるのに、タニちゃんは本当に変わらない。
ま、レズで男前の敏腕劇団主宰者というその役柄が(どんな役だ・・)
男役に近い(?)からかも・・しれない。
本当に綺麗なんだけど、中身は誰より男前なタニちゃん。
舞台でも観たいけど、ぜひ天海さんみたいに活躍して欲しい。
しかし、あんなに大股開きが違和感無い美女は元男役ならでは。
それが妙に嬉しかったりするのはヅカファンならでは?

共演者のみなさまはとってもおもしろく、終始大笑い。
千秋楽なのにまさかの“大とちり”をやってしまった中河内くんにも最後に
笑わせてもらった。(マイク外して土下座で平謝り)
彼の歌声はとても好きなのでまた別の舞台を楽しみにしています。
ただ、ラストにもう1回“大場さん”に戻って来て欲しかった(笑)
そして飯野めぐみちゃんの美声をもっと聞きたかったなー
[PR]
by glikoma | 2010-07-20 18:54 | OG

奈良に仏像見に行けへん?

“安蘭けい meets 薬師寺三尊像”

・・って、どんなタイトルやねーん・・って突っ込みつつ
(正確にはタイトルは「弦宴(いとのうたげ)」)


奈良行くぞー!

薬師寺三尊像見に行くぞー!

安蘭けいにまた笑わせて貰うぞー!(違うっ)



で、一人で夜の奈良はちょっと寂しいので

“奈良に仏像見に行けへん?”

と、言葉巧みに奈良好き非ヅカファン2名ゲット。

“奈良好き非ヅカファンmeets安蘭けい”

ほっほっほ楽しみじゃ。
[PR]
by glikoma | 2010-06-18 21:52 | OG

乗船。

あかん・・・

笑いすぎて声が枯れてた。

安蘭けいコンサート『箱船』兵庫公演初日。

とうこさんは相変わらずとうこさんで

期待通りの爆笑トークで

武田くんの突っ込みは絶妙で

浦井くんの物まねは最高すぎて

・・・

アレ?

オギーワールドに浸る気満々だったのに

浸ったのは冒頭だけだったかも。

後は爆笑の渦に飲み込まれた。

本日は朝から病院巡りでトドメがこれだったので疲れた。

もう寝ますzzz


あー楽しかった。
[PR]
by glikoma | 2010-06-17 23:59 | OG


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧