<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

病みつきバウ公演。

花組中日プレリザーブ外れた・・・

何だかんだ言って名古屋は遠い・・・
こんな時プレリザーブに“当たる”っていう幸運は、大きな後押しになるのにー
また、一般発売かぁ〜。
水さんのお披露目は、プレリザーブで外れた瞬間に諦めた。
でも、後ですごーく後悔したので今回は行きたいな。初日行きたいなー


バウ・ワークショップ星組公演『ANNA KARENINA(アンナ・カレーニナ)』

なぬーしみこちゃんじゃないのーー?

ともみんとしゅんちゃんかぁ。まぁワークショップという意味では納得?
しかし、しみこちゃんのヴィロンスキー見たかったなぁ。

ともみんヴィロンスキーは少し楽しみ。
しゅんちゃんは・・・微妙。素顔は可愛いよねー。可愛い女の子。舞台でも。
顔はちょっと紀香系?とうこさんのロックオンでも可愛かった。
でも男役としては・・・私には全く響いてこないんだなぁ。
どこかでがっつり変わる瞬間があるのか・・・

コムちゃん、見た目はあんなに可愛くて小動物系だったのに中身はってーと
がっつり男だった。そのギャップが良かった。
見てくれがどうでも、中身が“漢”てのは大切だなーと思う。
これって研いくつくらいで目覚めるんだろう。どーやって目覚めるんだろう。
“漢”を持って生まれてくる人もいるよね。とうこちゃんとか(笑)

で、最近“漢”の片鱗を見せてくれるしみこちゃんの出番は?バウ?

4番手以下時代のバウ主演公演。
この時期のバウって凄く貴重なんだなーと最近つくづく思い知った。
最高の光を放つ寸前の瞬き、そして最高の光を放つ瞬間。
真ん中へと続く道標。
例えそれが真ん中へと続いていなくても
自分にとって最高となるかもしれない作品。
これが始まりだった・・・と後に語られるかもしれない作品。
それをあんなに間近で目撃できる幸福。
演じる側も見る側も貴重な公演。

魅力的な作品が続いているだけに期待が高まる。
チケ取りも・・・大変そうだなー

そして、2、3番手主演のバウは、ただただ“美味しい!”って
言うしかない(笑) これこそ“貴重”な公演!
トップになったら余程の事が無い限り、2度と観る事が出来ないもんね。

バウ公演、結構病みつき。
[PR]
by glikoma | 2007-11-30 01:50 | 宝塚

“君を愛してる”CM覚え書き(2)+宙全国楽映像。

スカステでは第2弾の方もどんどん放送になっているみたいですねー

残念ながら彩吹さんバージョンは見逃したけど、
今朝のニュース後で、水さん、キム、かなめちゃんの3人バージョンを見た。

(※見なおして加筆修正)

センターにいる水さんが、微笑みながら“君を愛してる”と言うと
両脇下からキムとかなめちゃんがにょきっと現れて、“ふ〜ん”と言いながら、
イタズラっぽく可愛い視線を水さんに送るというバージョン。

キムは表情を作るのが上手いねー。素人っぽくない。あっプロか(笑)
かなめちゃんは、最後の笑顔が可愛い〜。
今回のポスター撮影の雰囲気といい、新しいかなめちゃんが見られそうで
公演が楽しみ。『シルバーローズ』で芝居の楽しさに開眼したのかもね。

で、二人の視線に照れ(?)笑いする水さんがこれまた可愛い。


スカステニュースの宙組全国公演千秋楽映像。

楽しそうだな〜。あの場にいたいと思った(笑)
全国公演って大劇場とは違う熱さがいいよなー。梅田でもあったけど、
掛け声や口笛(指笛)まで飛んでいて凄く盛りあがってる感じが楽しそう。

タニちゃんのカバンから飛び出していたのは・・・
桜島大根(お手製?)ぬいぐるみ。しかも巨大(笑)
金星では、その大根をぶんぶん振り回しながら“オラオラ”言ってましたよ(笑)
梅田ではハロウィンアフロづらで“オラオラ”
タニちゃんの自分の美貌を無視した、そのあんちゃんぶり・・・ステキです。
宙組さん、安寿さんも言っていたけど良い組だよね。そりゃどの組もいいんだけど。
タカハナ時代は前ばかりに目が行って気が付かなかった
熱さや暖かさみたいな温度が伝わってくる感じ・・・?
タカハナの強烈な光は凄かったからなー。後ろがホワイトアウト。

次回の宙組公演本当に楽しみ。私は本気だぜぇーオラオラー
[PR]
by glikoma | 2007-11-29 15:46 | 宝塚

星組公演 雑記。

色々書きたいことはあれど真風フィーバーで後回しになっていた、
星組公演『エル・アルコンー鷹ー』『レビュー・オルキスー蘭の星ー』の雑記。

先日の観劇時に今公演「ル・サンク」を購入。
出演箇所を確認するためにパンフは毎回買うものの、グッズ・紙媒体(雑誌除)には
手を出したくない・・・というか、基本興味無かったんですけどねー(笑)
前回の花組「ル・サンク」は記念に。今回は表紙のとうこさんが美しいし、
みんなのコスプレがステキで〜〜〜

グッズは、写真が美しければクリアファイルを買う。これは仕事で使えるので
なかなか重宝している。後、一番重宝しているグッズはチケットホルダー!
これは、全組揃えた。各組まんべんなく観る身としては、エチケットとしてね(笑)
最近はスケジュール手帖とシールを初めて購入。これもかなり重宝している。
そう、グッズは使える事が基本(笑)

だんだん宝塚グッズに浸食されている気もしないが、カレンダーはすんでの所で
我慢したぞ。ふーあれ?星組雑記のつもりがグッズ語りに・・・
「ル・サンク」を買ったので、細かい記憶を呼び戻しながら雑記を書ける・・・
ということが言いたかったのだけど。


『エル・アルコンー鷹ー』

「ル・サンク」で見返すと更に納得、とうこさんコスプレが似合う。
特に黒系。オスカルよりアンドレ系。影のある暗い男。
影のない明るい男も似合うが、その明るい男の強い光が作り出す闇もまた表現する人。
ジェンヌさんの中には“陽性”タイプの人もいるが私はこの“陰性”の
魅力に強く強く惹かれる。たまに“陽性”タイプの光に癒されたりもするけど(笑)

今回の衣裳は凝ってるよねー。まさかとうこさんのは使い回しじゃないよね?
とにかく、どの衣裳も似合っている。特に好きなのはやっぱりあの黒の衣裳。
でも一番シンプルな、母の墓前を訪れる時のロングケープとツバの広い帽子姿も
結構お気に入り。あそこで最後に言う“オレンジなどどうでもいい…”という
台詞がいい。一瞬覗く自身の内深くにある感傷を打ち消す言葉。

ティリアンの中には寂しい孤独な少年と野心に燃える男が共存し続けた。
それが彼の魅力。だから、あの“幼なじみ設定”はそれをブチ壊す。
彼の孤独は癒されていてはいけないのだ。あの孤独が全ての原動力なのだ。
そして、その野心のままに死ぬ。何の後悔も無い。ただ前だけを見続けていた。
・・・まぁ、これは原作を読んで随分たつ私の中で出来上がった勝手なティリアン像
なんですけどね。でも、改心などせずどこまでもダークなヒーローという設定が
新鮮で格好良かった記憶があるので、やはり甘々な設定はいらなかったなー

ので、宝塚的には有りなんだろうけど、ラストシーンはいらなかった。
(宝塚の1シーンとしては好きだけど)本編のティリアンの最後が格好いいし、その後のオレンジのシーンまでが本当のラスト。あれで終わっている方が舞台としてはいい。
あの白の衣裳も個人的にはイマイチ。衣裳自体は凄く綺麗。「ル・サンク」で見たら
細かいレースがステキで凝っているのも良くわかる。
でも、やはりティリアンは最後まで黒でいて欲しかった。
だから、あそこはティリアンではなく、とうこさんとして見ている。というか見える。

あすかちゃんの衣裳もどれもいいなー。使い回しがあるのかな?でも、どれも細部は凝った衣裳だけど全体にはシンプルなので、使い回しが気にならないかも。
ポスターの白のドレスはさすがに美しいけど、首の詰まった黒の衣裳がどちらも似合っていてとても色っぽくて好き。

ちまちま書いていたら力尽きてきた・・・
観劇後すぐの勢いじゃないとやっぱり書けない物だなー(笑)
続きは後日。
[PR]
by glikoma | 2007-11-28 23:59 | 宝塚

『HOLLYWOOD LOVER』 映像撮影風景

何コレ? 劇中に流れる映像ってこと?

スカステニュースで流れた、『HOLLYWOOD LOVER』 映像撮影風景。

格好いい〜ユウヒさん!
最初はポスターの撮影風景かと思ってボーッと見ていたんだけど、
スタジオがいつもと違うし、何だかやたら動くし(笑)

足長ユウヒさんが、ステップを踏んだり、歩く姿は
もの凄ぉぉぉぉーーーーーく格好いい!
何が好きって、ユウヒさんの足長っぷりがもー大好き。惚れ惚れ。
メイクバッチリの顔で普通に笑ったりする表情も可愛い〜

さすがに、そんなに前は取れなかったけど、バウという小さな箱で
ユウヒさんが見られるのは嬉しいな〜スコーンと落ちたらどうしよう。
ブルブル・・・あんまり贔屓が増えるのは・・・大変。

あいちゃんもクラシカルな衣裳やメイクが似合ってステキ。
最近凄く綺麗になったよね〜。あいちゃんは気品があって少し高貴な
イメージがあるので(マレークっ!)クラシックな感じが似合うな〜
後、榎 登也くん・とーやんは以前から気になる存在だったけど、まだ舞台では
なかなか発見出来ない。でも、今回なかなか良い役付きのよう?楽しみだな〜

とにかく乗っている景子先生お得意ワールド&ユウヒさんの美貌煌めく今公演。
あ〜何とか1回でも確保しておいて良かった。
バウは濃密なので、1回だけ観て心にしまっておくというのも、おつでない?
(単なる負け惜しみという噂も・・・)
しっかり目と心に焼き付けてこなくちゃな。

取りあえず今は雪組チケ取りのラストスパートだ。
[PR]
by glikoma | 2007-11-27 22:30 | 宝塚

“君を愛してる”CM覚え書き(1)

少し、コンプリートに萌え…燃えて来た、
“君を愛してる”CM。

というわけで、覚え書き。私が見たのは以下。

・ドアップ水さんが、“君を愛してる”(今の所衝撃度もあってこれが一番)
・寝ころがって目を閉じた水さんが、片目を開けて“君を愛してる”
 (閉じた瞼と開いた目の上目使いにキューン)
・あおり気味の映像で通りすがりに鏡に映った黒タキシードの水さんが“ミロワール”
・オウムと水さん(1回さらっと見ただけで内容をイマイチ覚えていない)
・鏡(?)に映った水さんが、水鏡のように揺らめきながら“ミロワール”

今のところ、この5種。
やっぱり、一番最初のがインパクト大で、水さんも美しくて好き。

と・・・今、公式を見たらすでに8種公開されていましたね〜
「君を背中越しに編」と「WITH THE MIRROR編」、「HANDS編」この3つは
未見だった。「HANDS編」格好いいな〜手が綺麗。

でも、やっぱり一番最初の「君を見つめる編」を初めて見た時の衝撃は凄かった。
公式で公開の画像は小さいので、あのインパクトは残念ながら伝わらない。
家の25インチのテレビで見た時はほぼ実寸(いやもっとアップ?)てな
大きさだったので、ドギマギしちゃいましたよー(笑)
「君を見つめる編」だけは録画を保存して何度もリピートしている私。

CS難民の方の為にも、舞台が始まったら劇場のロビーで流して欲しいな。
コムちゃんの“萩の月”CMみたいに〜
[PR]
by glikoma | 2007-11-26 23:59 | 宝塚

エル・アルコン3回目。凄いぞ真風涼帆くん

何やかんやで、また毎週末ムラ通い中の私。

切羽詰まった思いじゃなく観る公演は楽しいなー。
オサさんラスト公演中は、何だか色んな意味で一杯一杯で・・・
それはそれで充実していたけれど・・・
本来の意味での私の宝塚観劇スタイルは今の状態が正しい。

ただ、単純に楽しむ。楽しい思いに充たされて家に帰る。

そして、今日も幸せな気持ちで帰りました。
『エル・アルコンー鷹ー』3回目観劇。

ちょっとベルバラにも通じる“宝塚を観た!”という充実感の残る『エル・アルコン』
内容的にはダイジェストで、感動もそれ程しないのだけど、宝塚らしい豪華さと
ワクワク感が一杯で何だかとにかく“宝塚を観た!”ってなる(笑)

ので、今回一緒に行ったヅカ5回目、星組初の友人(青池読者)も
いたく気に入ったようで、前回の『シルバーローズ』に引き続きパンフレットを
買っていた。長い付き合いなので、彼女が誰を気に入るかはだいたい想像が付く。
今回、絶対この子は好きだと思うよーと言っておいたのは、しみこちゃんブラック。
ビンゴ(笑)ショーの後に、他に良かった人いる?って聞いたら、
“一人いる〜この人”と言ってパンフレットを指したのは、
ショー衣裳のしみこちゃん(笑) やっぱりな。

後見せていないのは、月組。『マジシャン』は本当に見せたかったけど
残念ながら時間が合わなかったので『ミーマイ』は必ず見せたい!
彼女は色々はまっている物があるので、今更ヅカにはまることは無いだろうけど、
月1観劇くらいなら付き合ってくれそう(笑)


そして、今回もついつい真風くんにロックオン。
とゆうか、目に飛び込んで来るのよねー。色んなシーンに出ている。
パーシモン家の愛人の中にもいたのねー(笑)紅ゆずるくんまで。
最初は、ジュリエットきとりちゃんと背の高い汐月しゅうくんにばかり目が。
2回目にやっと紅ゆずるくんがいるのを発見したけど、真風くんは気が付かなかった。
でかいよねー(笑)でかい愛人。しかもはけて行く時、ドレスをがっと持ち上げて
裾から見える足というか、走り方が既に男(笑)凄いぞ。

今回は黒燕尾もちゃんと、最初から真風くん捜しに励みましたよ。
な、なんとV字の一番後ろに登場しているじゃないですか!
(今回は珍しく上手中心の座席なんだけど、真風くんが美味しいのは下手)
芝居では、なかなかの貫禄と見栄えの素晴らしさでそれなりに見える真風くんも
さすがに黒燕尾となると、一杯一杯なのが手に取るようにわかる。微笑ましいぞ。
前方の上級生やしみこちゃん達は、これでもかーってぐらい濃い顔でキザリまくって
いるのに、後方でほぼ素に近い顔で必死に踊る真風くん。可愛いぞ。
最後方なので、最後また大階段に登って行くときは先頭に立つことになる。
がんばれ!真風くん!格好いいぞ!オペラでロックオンしながら応援してます!

そしてパレード。またラインダンスの衣裳で下級生の中に混じっているのよね?
がんばれ早変わり!(笑)
いやーでも凄い。この扱い。これって他でもあり?ちえちゃんもこんな感じだった?
オサさん&水くん似の容姿にあのスタイル。声も良いので歌は練習次第。
あーー何だか遠くにもの凄く大きな光が見える。

と、真風旋風の吹き荒れている私ですが、とうこさんも観てますよ〜
ティリアンがどんどん格好良くなっている!冷酷ティリアンが私は好きだけど、
それだけでないティリアンの格好良さをとうこさんが見せてくれる。
歌はかなりの充実ぶりで、やっぱり舞台の実況CDが欲しいな。
オサさんと同じで、今回はあまりショーで歌っている印象の無いとうこさん。
ショーの実況の意味があまり無くなってきている気がするんだけどなー
オギーショーだと、たとえトップが歌っていなくても、歌える人が
ガンガン歌っているので聞き応えがあるんだけど(只今タランテラ聞き中)。

友人も、とうこティリアンにはかなりやられていたようだ(笑)
やっぱりとうこさんには悪が、宝塚初心者にはコスチュームだな。
[PR]
by glikoma | 2007-11-25 23:59 | 宝塚

泣く。GRAPH・春野寿美礼サヨナラ特集

オサさんファンの皆様は、もちろんグラフもう読みましたよね。

発売日に、いつも買う書店に行ったらグラフが置いてあったと思われる場所が
ポッカリ空いている・・・なぬーいつもはあるのに〜

というわけで、先週末ムラに行くまでお預けだった。
観劇前に購入。でも家でゆっくり読みたかったので中を見るのは我慢我慢。
ヅカ観劇は5回目、星組初めてという友人を連れて行ったので、
帰りは前から行きたかったスペインバルへ。たらふく飲み食い・・・

やっと家に帰りついて、すぐにグラフを開く。

あの表紙(泣)

篠山先生はジェンヌさんを美しく撮影してくれるけど、
今のオサさんの心情をこんなにも写しとった写真があるだろうか。
透明。どこまでもクリアに済んだ顔(泣)

ラストインタビュー。「組子は“私の命”」(泣)

Osa's Laboratory・・・・なんですかぁ〜これは(笑)
この後におよんで、“オサ教授”ですか?ファンのリクエスト?
ステキです。ステキすぎます、教授!
腹に一物ありそうです、教授!でも実は正義の人にも見えます、教授!

そして、オサアサラストトーク。
・・・号泣。

もーこれは泣かずにはおれませんて。
こんなにも色々さらけ出してくれた二人に感謝。
二人が大好きで良かった。そんな二人だから大好き。
実は、とっても泣き虫なあさちゃん、可愛い。
素直で前向きで思いやりのあるあなたに、まさちゃんは何度励まされたんだろう。
まさちゃんにとってのあさちゃん、あさちゃんにとってのまさちゃん。
互いに互いがいて良かった。

あさちゃんがオサさんのムララスト公演に行けない事をもっと軽く考えていた。
仕方ないよね、公演中だもん。互いの場所でがんばるしかないよね・・・って。

でも、対談を読んであさちゃんの気持ちを知ってビックリした。
あの時、あの場所にいる事が出来ないことをあんなに残念に思っていて
くれていたなんて・・・それはもちろん、ただ見に行くという事ではなくて
一緒に舞台に立ちたかったという事なのだけど、それでもやっぱり
舞台には立てなくとも、公演を観に飛んで行きたかったと思う。
あさちゃんのその気持ち、そしてそれを聞いたまさちゃんの気持ちをを思うと
泣けて、暖かい気持ちで充たされる。
オサさんは同じトップとしてあさちゃんの才能を認め、一歩越えた
話をしているけど、心では単純にあさちゃんのその気持ちが嬉しかっただろうな。
そして、あさちゃんも東京公演を見る事が出来たようですねー。良かった。

オサさんの退団を知って、みんなが引くぐらい嗚咽したあさちゃん。
オサさんファンを代弁するようなあさちゃんのお話しは涙無しで読めない。

そして、オサさんのお母さんのお話。
本当にまさちゃにあさちゃんが、あさちゃんにまさちゃんがいて良かったな、
二人がいてくれて、少しでも二人が一緒にいるその瞬間を見る事が出来て
幸せだったなーと思う。

私が愛する世界には、こんなに素敵な二人がいるんだよーと大声で叫びたいぞ(笑)
とりあえず翌日、あさちゃんファンの同僚に“泣け”と言って読ませたら、
本当に泣いていた(笑)


後、結構いつも楽しみにしている“篠山話に花が咲く”(このタイトル上手い!)
での彩音ちゃんの可愛さにまた、ホロッと暖かい涙が出た。

大きな大きなオサさんの翼の下で、雛鳥のようにスクスクと育っていく
彩音ちゃんの可愛らしさは、見ていて本当に微笑ましかった。
これからオサさんの元を羽ばたいて、美しい白鳥になる彩音ちゃんが凄く楽しみ。

中日当たりますように!
[PR]
by glikoma | 2007-11-24 23:59 | 花組

どうして、何回も観るの?

宝塚を見始めて4年。
自分の中にもずっとある疑問。
とゆーか、人から聞かれたら答えるのに難しい質問。

ただ単純に“楽しいから”。
これにつきるのだけど、今まで観てきた他の舞台も楽しかったし
好きな洋楽のコンサートだって毎回感動していた。
でも、宝塚ほど通いたくなる物は無かった。
1回観れば十分お腹一杯。その感動に封印をしてしまっておきたい。
そんな感じ。

今日相方と話していて、その疑問がふっと溶けた。

相方が前から“凄くいいねん”というバンドのライブが明日あるという。
でも、行くのを迷っているので“そんなにいいのに何で?”と聞くと、

“凄く上手いねんけど、完成されすぎてて面白くないねん”

その言葉がストンと私の胸に落ちた。
そうなのだ。凄く上手い人の舞台や歌は、やっぱり凄いと思うし感動もする。
で、次観てもほぼ同じかそれ以上のクォリティーの物を見せてくれる。
・・・おもしろくないのだ。それなら1回だけ感動する方が私はいい。

が、宝塚は大いなるアマチュア集団プロ風味。
初日と楽日では別物(笑)。毎日進化する。
それを観て(愛でて)楽しむものなんだ。だから何度観ても楽しい。
発展途上で常に一生懸命な人達を見るのは凄く癒されるし勇気づけられる。

わかっていたけど、言葉にする事が難しかったことがわかってスッキリした(笑)

で、相方に“そう!そうやねん。だから私は宝塚を何回も観に行くねん!”と
力説してしまった(笑)で、相方の疑問も溶けたようだ。

“どうして、何回も同じものを観るの?”
[PR]
by glikoma | 2007-11-23 23:50 | 宝塚

見ました?“君を愛してる”CM

見ましたか?

スカステニュースの後に流れる“君を愛してる”CM!

いや〜ん。
水さんの瞳と“君を愛してる・・・”に
どきゅーん、ばきゅーんで、ドタッ。
って感じで、毎回やられっぱなしです。
トート閣下も好きだったけど、最近の水さんの舞台以外での
メーク顔にもーめろめろ。

初回の真っ白のバックにアップの水しぇん・・・
これをポスターにしておきゃいいのに〜〜
これがポスターなら買ってたね。(今更だけど公演ポスターって売ってるの?)

私はまだ2バージョンしか見ていないけど、相当数あるんですよね?
まとめてやってくれますよね!?スカイステージ様!

公演もどんどん楽しみになってきたな〜
まだ1回しかおさえていない。何故なら花組中日の抽選結果が出ていないから&
事務所の引越日が決まっていないから。

・・・?花組中日行くのか私?しかも初日希望(笑)

実は、スカステの蘭とむ&安寿ミラさんの対談を見て『メランコリック・ジゴロ』を
凄く見たくなったんですよねー。それにやっぱり、まとぶんのお披露目と
壮くん2番手お披露目はこの目で見ておきたいなーと。
当時バッチリ宛て書きだったという『メランコリック・ジゴロ』。
ハリーはきっと、新しい二人用に改訂してくれるよね。
そういや、今まで芝居では絡みの無かった二人。楽しみだな。
やっぱりオリジナルはまだ見ないでおこう。

何だかんだで2008年も楽しみが多そうで良かったわー。

これで、オサさんの次の動向がわかれば言うこと無しなんだけど、
それは贅沢ってもんか。
[PR]
by glikoma | 2007-11-23 22:51 | 宝塚

スカステニュース・星組新人公演とか、花組初日とか。

何だか少し落ちついた途端に、ふぬけてしまって、
目まぐるしく動くヅカ近況について行けないっ。

FNS歌謡祭とか、NHKとか、お台場とかとかとか・・・
しかしFNS、他の出場面子からいって、あの人選は正解なんだろうけど・・・
おばちゃんは寂しいワ。ハマコォ〜

そして、シビさん退団・・・とうとうですね。イヤー(泣)
専科さんのいないヅカなんて・・・
オギーショーのシビさん、ハリー舞台のシビさん・・・
もっともっと観たかった。
オギー舞台での最後、しっかり目に焼き付けます。
そして月組の麻華りんかちゃん、『大坂侍』良かったよぉぉ〜(泣)

スカステニュースで観た、星組新人公演。
えーーっ、これ観たかったーーー。
今のところ本公演では(不埒な目線で)一切目視出来ていない、ともみん。
ステキじゃないですか。顔がスッキリして男前度UP。
ふっくらしていた時はかなりちえちゃんに似ていたけど、
結構Coolな美形・・・?(ちえちゃんはHotな美形)
実際の公演を観ていないので何とも言えないけど
見た目はかなりいいなー。本公演はどこに出ていたっけ?捜さないと!
挨拶も初々しくて可愛かった。会場の大爆笑が可哀想だけど、微笑ましかった。
星組ならではのアットホームな雰囲気かな?
まりやちゃんギルダもイイ感じ。ちっちゃいあすかちゃん。
ジュリエットと同じ女の子には見えないな〜。

そして、ブラックの真風涼帆くん!
本公演に引き続き大抜擢だ〜。ビックリ。でも、ニュースに映っていた?
(実はわからなかった)見たかった〜
※もう一度ニュース映像を見たらちゃんと映っていました。格好いい!
感想を読んでいると、結構“水さんに似てる”って声が多い。
そういえば似ているかも。でも私比では、やっぱりオサさんかなー
あんまり早い抜擢でスポイルされなきゃいいのだけど・・・
でも見る側としては、単純に嬉しいのも正直なところ。。
なかなか肝の据わった大物にも見えるしな。

土曜は星組3回目観劇。新公後の公演って楽しみだー。

『THE SECOND LIFE』千秋楽映像。
ホント、楽しい公演だったな〜。
あれ?映像で見る方がみっちゃん男前だなー(笑)メイクもイイ感じ。
チギちゃんは断然実物の方が綺麗で男前だった。
早くスカステ放送して欲しい!まわりに見せたい人が沢山いるんです。

そして、花組東宝初日映像。
この映像を見ていない事に今頃気づいた。
オサさん楽しそうだなー。でも、まだまだヒートアップしていないよね。
これからもっと熱くなっていくんだろうな。
キンバラさんのヘア、大劇場の時は“寝癖?”みたいなハネ具合で凄く
可愛くて好きだったんだけど、東宝ではしっかりくっきりハネヘア。
これはこれでステキ(笑)
この映像を見ると、大劇場ではオサさんが本当に楽しくて楽しくて
自然にテンションが上がっていって、キンバラさんが生まれたんだな〜とわかる。
東京のみんさん後少しの辛抱です(笑)
プロならいついかなる時でも80〜99%の力で平均した舞台を務める必要が
あるのだろうけど、私は例え自分の見た日が70%以下の出来でも、時には
150%以上の輝きを見せてくれる宝塚の舞台が、オサさんの舞台が好きだ。

終演後会見する姿はまだ見られなかった・・・
やっぱりまだイタイなー。1歩1歩その日に近づくことが。
フィナーレのオサさんは、これが“最後の初日挨拶”というのを
噛みしめているように思えた。
いや、噛みしめていたのは私かもしれない。
そっくりさんの真風くんは見られるのに、
オサさんは見られない自分ってどうよ・・・と思いつつ。
[PR]
by glikoma | 2007-11-23 05:37 | 宝塚


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧