<   2008年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ノリノリ。花組中日千秋楽映像

スカステニュースで花組中日公演の千秋楽映像を見ました!

あーーーーあの場所にいたかった。というかあの芝居がショーが見たかった。
みんなぶっ飛ばしてましたよね?
映像で見るだけでも、初日とはまったく違うものだった。
何て楽しそうなの〜!

さほどはまっていなかった頃は千秋楽のアドリブやいつもと違う感が苦手だった。
正しい状態の作品が見たかったから。(私的に正しい=脚本通りって事かな)
でも、完全にはまった今となってはあの舞台と客席が一つになる空気感が大好き。
初日の特別な緊張感まで大好きになってしまったさ(笑)

彩音ちゃんフェリシアも初日とは全然違った。初めて見る等身大の彩音ちゃん。
まとぶんダニエルも、壮くんスタンも、まっつバロットも、みわっちフォンダリも
みんなみんな飛ばしてたなー。
ショーのまとぶんも熱そうだった。そう、熱い人なんだよなーあの人は。
今は立派に花トップだけど、星魂も持っているもんな。
まとぶんの男臭さは花に合うと思う。うん。いいよー凄くいい。

まとぶんが相手役さんを見つめる顔が好き。
凄く愛情のこもった、でも少し切なげな眼差しで見るんだよなー。
ちゃんと恋する人の顔。
『MIND TRAVELLER』で、季帆ちゃんパメラの頭を抱き寄せてキスをする前に
見つめ合った後、すっと目を口元へと移すあの顔が好きーー(笑)
きっととても誠実な人なのだと思う。その誠実さが舞台でもふっとこぼれる。
あー早く『メランコリック・ジゴロ』もDVDでじっくり(どアップで)
まとぶんの表情を楽しみたいなー

まとぶんの声が好き。声は私の中で重要ポイント。歌声もだけど芝居声が重要。
まとぶんの少しかすれた様なハスキーな声が好き。あの声で切なさ倍増!
素のまとぶさんは、声がハスキーな普通の綺麗なお姉さんなのにな(笑)
舞台だと何であんなに男臭いんだろー。
普通に男臭い男らしい役をどんどんやって欲しい。

次回、大劇場公演ますます楽しみだな〜
某所でお買物したら、花組公演(SS席あり)が当たるかもーな
ハガキをもらった!当たりますように・・・
[PR]
by glikoma | 2008-02-28 07:24 | 宙組

秘かに。10000ヒット

最初の1年は記事を3つしか書いていなかった。
足かけ約1年で10000ヒット。

365日で割ると・・・(笑)
何を10000ヒットぐらいでとお笑いくださるな。
1000越えた時でもビビッたんですから。
まさか10000を越える日が来るなんて思いもよらなかった。
こんなアイターなブログを覗いて下さった方ありがとうございます。
一人観劇は時々寂しくて、熱い宝塚ファンとどこかで繋がっていたい。
後、とにかく誰にも迷惑かけずに、
けれど大声でヅカ愛を叫びたかった(笑)

迷惑をかけないというのが難しかったりするわけですが・・・
熱い想い(愛)を熱いうちに。
(その熱が抜けると途端に書けなくなる為)
早さを重視するあまりの(?)誤字脱字推敲不足は
毎度反省しつつも生温かい目で見ていただけたら。。
これからも秘かに熱く語録は少なめで・・・
細々と続けていけたらと。
[PR]
by glikoma | 2008-02-27 18:59 | 宝塚

パッション蘭とむ『Passion 愛の旅』再見

“パ〜ッション〜パ〜ッション〜パ〜ッション〜”
と、案の定耳についております。
あの肩を交互に“いからす”ような振付も(わかるかなー?)なんだか好き。

で、今回主に蘭とむアングルで見ていたわけですが・・・
格好良いなー。綺麗だなー。どこにいても一際輝いてというか、そこだけ
青紫のオーラに包まれたように浮かび上がって見える。
タニちゃんがピカピカの白い光を放射線状に放っているのとはまた違う・・・
ぼわーーっと“発光”しているような輝き。
・・・これって恋?(笑)
でも、欲目抜きで以前とは何か違う輝きを放ちはじめた気がする。
本当に今回はドキドキした。

ラストの群舞!初見では、衣裳が私の苦手なヒラヒラ系だったり背後の曲調が
チャチャチャだったりと微妙だったんだけど、いざ蘭とむアングルで見てみると
“格好いいぃぃぃ〜〜〜”あそこは、まわりの男役さんも格好いいので
かなり目移りするはずだけど、今回は完全に蘭とむロックオン。

あ、唯一蘭とむアングルを外した所が・・・
愛と青春の・・じゃなくて「大空へ」。あの衣裳があんなに難しいなんて・・・
はっきり言って似合って見えたのはタニちゃんのみ(娘役さん除く)。
後はまさこちゃんぐらいか・・・蘭とむはどう見ても教・・・あうう。
あの帽子がまた等身バランスを崩しやがるぅぅ〜
なのにタニちゃん一人格好いい。しかもあの足上げ!なんつー長い足。
娘役さんの衣裳は可愛かったなー。あれウメちゃんに着せてあげたいなー。
少々振付が私には何だか気恥ずかしかったわ〜(笑)
やーねー中途半端に色々知ってる世代は。

今回のショーは割とどのシーンも好きなんだけど「砂漠の薔薇」は大劇場の広さを
活かした豪華で綺麗なシーンでかなり好き。(轟さんの衣裳はイマイチ)
踊りはもちろん、あのケチャ風(?)のコーラスも揃ってきて迫力が増した。
カチャはますます可愛くなってるし、妖しさも出てきたな〜ちょっと現実離れした
人形のような顔立ちが妖しげな役柄にあっていると思う。

南国シーンは・・・(笑)あの衣裳着こなせるのはスタイルのいいあの3人ならでは?
でも、3人とも(特にタニちゃん)初日よりずーっとノリノリで見ている方も
凄く楽しいシーン。実はここでもタニちゃんの長ーい足に釘付け。。
毎回二人程お客さんをいじってますが、お客さんの反応もおもしろい(笑)

で、更にタニちゃんがタニちゃんしか似合わないような派手な衣装で登場した後、
うって変わってシックでクールに始まる「ファンタジー」。
珠洲さん、チギちゃん、珠洲さん、チギちゃん、珠洲・・・
もーこの二人を交互に見るのが大変でー。大きいさんチームの宙組さんにおいては
どーしても埋もれがちな二人・・。珠洲さんは顔が派手なので比較的目に
飛び込んでくるけど、チギちゃんは気を抜くと見逃してしまう〜
そんな二人がバッチリ前面で色っぽく男前に格好いい貴重なシーン。
ここ、娘役さんが中央からせり上がって来る所もドキドキワクワクする。

しかし、前回バウでチギちゃんにやられた身としては、芝居楽しみにしていたのに・・
まったく・・・あれだもんなー。次回バウを待つしかないのねー

そして、みっちゃんのピンクのロケットボーイ。
みっちゃんはお化粧もっとシャープで切れ長にしてくれる方がいいなー
って・・・単に私の好みか。可愛い系の顔立ちだけに派手にすると少し・・・
でも着実に格好良くなってるなー。うんうん。
とにかく歌は凄くいい〜。芝居で苦しい胸の内を歌うみっちゃんが見たい。
軽い感じじゃなくて。でも私のまわりのみっちゃんファンは、
あの田舎○○○感じがイイ〜のだそう。うん、確かにあれが無くなったら寂しいかな。
でも、頭が良くて少しばかり固い印象のみっちゃんが解き放たれる様な役が
見たい!ってのは贅沢かしら。あくまでお笑い系じゃなくて。

今回のロケット大好き〜やっぱり羽山先生の振付は好きだなー。飽きません。
衣装と帽子の雰囲気も大人っぽくて好き。

女装タニちゃん、やっぱり逞しいぞ〜。前回見た時は轟さんが支えきれず
よろけていた気が・・・そして最後、男に戻って来てのあの意味深な視線の
かわしあいは・・・・・・ってこと?・・・なの?
[PR]
by glikoma | 2008-02-26 16:05 | 宙組

蘭とむの熱い風。『黎明の風』再見

正確には3回目の再々見。
『黎明の風・Passion 愛の旅』久しぶりに(?)観てまいりました。

いやー当たり前だけど進化してました。
みんな良くなっていたけど、私の中で一際輝いて見えたのは蘭とむ!
芝居もショーも全体の温度が上がって、蘭とむの熱さが全体と馴染んで
調度良い塩梅に(笑)。でも、うっかり蘭とむだけを観ているとたまにここが
宙組だという事を忘れそうに・・・そんな暑苦・・いえ、熱い蘭寿さんが大好きです。

初日辺りは、見せ場も少なくその上唯一の(日本の)軍人で、ちょっぴり浮いてる
感じもしたけど、今回辰美アングルで観ていたら・・・
もー立っているだけで熱くて美しい!
だまって立っているだけで彼の背後で青紫の炎がメラメラと燃えている(笑)

というわけで、今回芝居もショーもメイン二人から視点を外すと
あそこにもここにも美形さんがっ!

オープニングのCLO職員達が立ち並ぶシーン。
みんな地味スーツ姿が格好いいー!ここでも蘭とむさんは暗闇の中一際輝いて・・・
いやいや他のみんなもかなりの美形揃い。夏さん、珠洲さん、きみちゃん、
美牧冴京さんにGo!そして、えりこちゃんにちぎちゃん〜
まりえったさんも入れちゃえ〜美しすぎます。
その後、米軍チーム合流してのダンスはまさに目にご馳走!
どこを見ていいかわからない状態(笑)
このオープニングの為だけにリピートできるわ〜

最近、私的にオープニングが秀作揃いで嬉しい。
マジシャン、アデュー、エルアルコンはとにかくオープニングが好きだった。
今回はアデューに近い感じかな。あれは少し派手目のマフィア色気スーツだったけど
今回の地味スーツ×地味軍服というのがこれまた渋くて美形度UPでいいのだ。
その後の轟次郎さん登場もなかなかインパクトがあっていい。

で、地味軍服が一番恐ろしく似合っていたのは、やっぱりタニちゃん。
後ろ姿のお尻のラインは男性とも思えないけど、女性とも思えない格好良さで
タニマッカーサーが後ろを向くたびにお尻に目が釘付け・・・
そこからスラッと伸びた足がまた・・・
普段そんな所ばっかり見てるわけじゃないんですよ。ホントに。
タニちゃんは美しすぎてー 目が勝手にぃ〜

米軍さんチームももちろん美形揃い。中でもまさこちゃんの美形度が熟成中。
大劇場も中盤を越えて、少し絞られた(というか元もと細いのでやつれた?)のと
髪が伸びて踊っている最中に前髪がハラッと前に垂れるのが美しぃー。
みっちゃんは・・・時々超絶に美形に見えるのに・・・ふ、不思議だわ。

しかし今回みっちゃんの台詞って・・・ほとんど説明じゃないか?
“・・・(間)、というわけですね”みたいな補足台詞が耳につくー。
ちゃんとお芝居出来る人なのに、この台詞のせいで凄く大根に見えるなぁ。
まぁ、さすがのみっちゃん、土下座シーンではグッとさせてくれるけど・・・
この芝居、他もやたら説明口調なのは気になるところ。
史実、しかも近代物で結構有名な逸話も多く、そこまで盛りこまんでもなー
な、蛇足エピソード&台詞が多いような。というかそれだけ・・・?
ただ今回は、みんなの演技が熱く濃くなって来たので、何となく最後には
ニッポンがんばれ!日の丸だージーン(名前じゃなく)ってな気分にさせられた。

後、ともちんは結構出番もあって目立っているけど・・・役柄がなぁー
嫌みな役を丁寧に演じて嫌みなだけでは終わらせていなくて良いとは思うけど・・
以下中堅さんにも見せ場は少しずつある・・・けど、そのシーンで観られて
はたしてファンとしては嬉しいのか!?ってなシーンが多すぎ。

そもそも題材が宝塚向きで無いからそうなるのだと思う。
誰に向けて書いたのかと問うた方がおりましたが・・・
宝塚を普段観ない人の方が反応が良いんじゃないだろうか・・・
実際、今回1階中程で観た私のまわりは初見&宝塚観劇経験ほとんど無しといった
感じの方が多く、そのほとんどの人が終わった後“良かったー”等々と
概ね好評だったのだ。そのうちの何人かが宝塚をこれからも見に来てくれるなら
この公演は成功だったと言えるのかもしれない・・・のかなー?

いかんいかん、愚痴モードだぁ。
話は好みの問題もあるし、色々々々さっ引いても私は比較的楽しめた。
轟さんの存在感は凄いなーと思う。それが今の宝塚に、宙組に必要かはさておき。
正直タニちゃんに、あそこまで次郎の存在感が出せたかどうか・・・。
タニちゃんはマッカーサーだからこそという気もするのだ。
逆にだからこそ、今回のタニマッカーサーは必見だと思う。この異例の中で生まれた
タニマッカーサーはこの状況下でしか生まれ無かったかもしれないから。
そして、そのマッカーサーはとにかく男前!!しかも翳りがあるのだ。
そう、白州次郎には無い翳りが。美味しい。美味しい役だよタニちゃん。
出番はやや少ないのかもしれないけど、そうは感じさせない。
登場するたびにそこだけ光輝くような感じすらする。

そしてウメちゃんの穴を埋める為に生まれたであろう組全体の結束が
ひしひしと感じられる。その力がタニちゃんをはじめ宙組全体を更に輝かせているんじゃないだろうか。何を甘いことをと思うかもしれない。
でも、人間窮地に立たされた時こそいつも以上の力を出せるのだ。

ところで、正子の出番は元もとあの通りなんだろうか?パンフレットを見るからには
その様だけど・・・。はっきり言って見せ場は最初のデートと銀橋だけ?
これがウメちゃんだったら、トップ娘役さんだったら物足りなくない?
いっそのことジーンがウメちゃんでタニちゃんの相手役で、その分二人のシーンを
増やした方が収まりが良かったんでは(ジーンも逸話の多い人だし)・・・。
轟さん相手に引けを取らないたっちんはとにかく凄い。
銀橋の歌はもっと聞きたい〜ってところで終わってしまう。
いずみちゃん、あおいちゃんの歌もますます良くなってきた。

しかし、何と言っても蘭とむのヒデキばりの熱い熱唱が一番の楽しみ。
あの振付はいったい・・・毎回こっちまでこぶしに力が入ってしまう(笑)

後、噂の(?)レクイエム。初日かなり微妙だった衣裳(特にむ、胸がぁぁ)
個人差はあれど改善されました?初日は、あの男前すぎる蘭とむさんに
あってはならない物があって“ないないあれはないはず”と思い込むのに必死で・・・
あの衣裳は微妙だけど、シーン自体はやっぱりちょっと泣きそうになるなー
だってみんなの表情見てたら凄く切ないのだ。
未来ある若者があんな風に散っていったのは辛いことだなーと
改めて感じたりしているけど、そんなこんなも伝えなきゃいけないのは
ここ宝塚でか!?と思ったりしてしまうのだった。。
[PR]
by glikoma | 2008-02-25 23:59 | 宙組

ハッピーでラッキー。ME AND MY GIRL

『ME AND MY GIRL』という作品が人気作品で、
天海さん主演版は伝説にさえなっている・・・というぐらいの知識はあった。

が、現役時代の天海さんも知らないし作品も観たことが無い(無かった)。
あさこさんにどこか似た役が続くことは少々残念だったし、
アーネストという大好きなお芝居もあった。
というわけで、何の思い入れもない『ME AND MY GIRL』という作品には
チケット並びをした時点ですら、その人の多さに“そんなに観たいのかー”と
他人事のように感心していたりした。

天海さん版DVDは持っていたけど、ちゃんと観る時間が無くて途中で寝たり
何かしながら観たりしてちゃんと観ていなかった。
“勝手に前夜祭”をやった時も別の映像を入手したのでそちらを見てしまった。
それが、先日とある事情でちゃんと観なければいけなくなり腰を据えて観た。

な、なんだこれ!?

おもしろいじゃないですかぁぁぁ〜〜〜楽しいぃぃぃ〜〜〜
しかも天海さんのビルやたら格好いいぃ!!!でかい!

天海ビルは、演技が上手いとか歌が上手いとかではないかもしれない。
でも、とても“ハートフル”。どこまでも温かい。
その温かさがキャラクターに命を吹き込んでいた。
教養が無くても天性の魅力で周りの人を魅了してしまうという
ビルそのものの輝きがあった。
他の役者さんも語り出したらキリがない程良かった。
ジョン卿の久世さんはめちゃくちゃ渋くてステキだ。私は今の宝塚が好きで
基本、OGには興味が無い。現役には許せる歌下手、演技下手も全く知らない
OGとなると受けつけないという・・・でも姿月さんと久世さんに関しては
スカステで舞台が流れているとつい見入ってしまう。
特に久世さんの芝居は大好き。今の舞台も見に行きたいなーと思っている。

そりゃー伝説になるな。当時観ていたら、天海ビルに完全にやられていたと思う。
しかもこの1995年版、今観たらなにげに豪華。
後のトップ及び人気実力男役スターが目白押し。あの人もこの人も。
後ろで幼い顔のタニちゃんや水さんが踊っていたり歌っていたりする。
(この二人、結構目につくから凄いなー)
12年前かー。何してたかなぁ。そういえば友達が行ったと言っていたような。
誘って貰っていたかも。でも当時は全然興味無かったもんな。
惜しい・・・いやいや、そんな前からはまっていたら人生変わってたかもしれない。

“ハッピーでラッキー”
ちょっぴり古臭くてご都合主義だけれど、それがミュージカル!
楽しくって、ハッピーな気持ちで劇場を後に出来るこんな作品が私は大好き。
それを今の月組で観られるなんて本当にそれこそ“ハッピーでラッキー”
コメディエンヌあさこさんに、かなみちゃんにタキさんという歌姫、
まやさんに越リュウ他の強力な脇役陣。そして10年後・・・その中から何人の
トップスターが生まれるか想像しただけでもワクワクする。
客席降りもホント楽しそうだなー。

はぁーー・・・こうなるとチケットがあまり取れなかった現状が辛い。
何とか少しばかり手には入れたけど・・・
きっと何度も観たくなるんだろうなー。

ポスター撮影風景も良かったなー。あさこさん&かなみちゃんお似合い!
そして、きりやんジョン卿!髭が似合いすぎーー!凄ーーーく楽しみだー
タキさんと夫婦・・・た、楽しみっ。
(あいちゃんとよりお似合いだったらどーしよー)
[PR]
by glikoma | 2008-02-23 10:59 | 月組

髭ゆずるん。

ここ数年、公私ともに宝塚漬けで365日宝塚な毎日を送っておりますが
やはり生の舞台を観られないと寂しい。

今月は少しばかり観劇を控えていたのですでに舞台欠乏気味。
週末やっと宙組再見予定。その後の様子があまり入ってこないので、
どんな風に進化しているか楽しみだなー
今月の観劇はそれで終わり。

うって変わって、3月は大変。
宙組、花バウ、星DC、そしていよいよ月組大劇場が始まる。
あまり思い入れのなかった『ME AND MY GIRL』も色々目にしている間に
凄く楽しみになってきた〜。
なんと言ってもあさこさんとかなみちゃんにピッタリの役柄。
今から麻乃さんのサリーを観ながら、かなみちゃんを重ねて涙。
何とか席を確保したいものだ。。


そして、今一番楽しみなのが星のWS。
悲恋物はあまり好きではない(寒い国のは余計寒々しくて辛い)けど、
ジェンヌさんの美しさが映える作品が多いんだなー。しかも景子先生。
美貌のしみこちゃんヴィロンスキーが観られないのは残念だけど、
紅ゆずるくんのカレーニンが観られる!髭!髭!髭ゆずるん!
はぁー楽しみ。かしちゃんカレーニンがとても好きだったけど、
ゆずるんカレーニンのビジュアルにかなり期待。
歌はゆずるんの歌をまともに聞いたことが無いのでそちらも楽しみ。
カレーニンのあの歌が好き。かしちゃんの声も好きだったなー
そして、真風涼帆くんのセルプホフスコイ!雪組ではキムだったあの!
(なんてことない役だったような気も・・・いやでも)あのキムの!

4月はミーマイチケットを求めながらWS通いかなー(ワクワク)
[PR]
by glikoma | 2008-02-20 06:08 | 星組

星組組本。ザ・タカラヅカⅣ

星組組本買っちゃいました。
あー宝塚本が増えて行く〜(なるべく買わないようにしているのに)

組子の判別が出来なかった頃は、こういった本に興味が無かったけど
区別がついてくるとおもしろくなってくるんだな〜困ったことに。
で、この組本は・・・

おもしろい!(笑)

星組の組本だから?おもしろすぎる。
写真が綺麗なだけだと余程じゃない限り食指が動かないという宝塚ファンとして
どうよ?な私だけど、読み物としておもしろかったら即買い。

しかし、星組ってばどんだけ濃いんだー。
組子も濃いと言っているけど、組替えして来た人みんなが口を揃えて濃いと
言っている所をみるとやはり宝塚一濃い組なんだなー(笑)

まず、「男役座談会」がおもしろい。
男役としての心得の様なものがかい間見え、そこに星組ならではの濃さがあって
おもしろい。下級生には決まった稽古着“ジョッパー”があり研2までそれを
履かないといけないとか、お化粧や衣裳へのこだわりなど興味深い話が一杯。
あのとうこさんですら組替えで星組に来た時は、そのギラギラしたクドさに
“ウエッー”となったらしい(笑)で、今はそれが楽しいそうだ。

自分の好みに合う組を観劇する方も多いと思うが、私は5組それぞれのカラーを
楽しむのが好き。やはり星組を観る時はその“濃さ”が一番楽しみなので
下級生はちゃんと先輩方の教えを引き継いで頂きたいなーと思う(笑)
座談会に参加していたしみこちゃんが、組替え当時のことを語っていて
組替えって本当に大変なんだなーとしみじみ思った。
でも、だからこそ確実にステップアップするチャンスでもあるんだなーと
今まで組替えして来た人を見ると思う。しみこちゃんも段々星組生らしく
色濃くなって来てこれからがますます楽しみ。

後は何と言っても、とうこさん、ちえちゃん、しいちゃん、すずみんの“女装”と
あすかちゃんの“男装”。とうこさんってば、お○まにしか見えませんー。
えーっと・・・本当は女の人ですよね?どうして女装なのにそんなに凛々しいんですかー(笑)。しいちゃんも何かが・・・何かが違う。女装する以前に選んでる衣装が間違っ・・・。すずみんは辛うじて違和感が無いものの、やはり男前すぎ。
ちえちゃんも綺麗なのに・・・なのに絶対死ななそうなお母様(ティリアン母の衣裳を着ている)だ。対してあすかちゃんのティリアンは、スタイルの良さで違和感なし。
ほっぺの丸みがなかったら、かなりの男前?でも目次頁の乙女ポーズのティリアンには
爆笑。そして男前ポーズのギルダとうこさんにも・・・
前の組本を見たことが無いけど、この企画他組でもあるんでしょうか?
見たい〜!お願いしますーー編集の方。

写真で良いナーと思ったのは、普段あまり見ることが出来ない下級生の普段の姿が
見られたこと。普段のメイクや選ぶ洋服でその人自身のイメージが何となくわかって
おもしろい。自己演出というのはジェンヌさんにとって不可欠だと思う。
そういう意味ではなかなか楽しみな人が多いなー。しかし真風涼帆くん・・・
今更ながら若いなー。この学年で舞台で、あそこまで見た目が男役らしいのには
ホント驚く。先が恐ろしい。でも、オサさんの古い映像を見ていたら贔屓目抜きで
やはり目立つ。天性のスターオーラ?どうかそれを大切にスクスク大きくなってねー

「何でもNo.1」の組長、ゆかりちゃん、すずみん、紅ゆずるくんには星組魂を
感じた。特にクールな顔しかしらなかった紅ゆずるくんは・・・

可愛いぞ〜〜(「黎明」のたっちん風に叫んでみました)

それもこれも、数々のスターを輩出してきたかの有名な余興チーム
“エマ・エージェンシー”あってこそ?
一度でいいから生で見てみたい(笑)
[PR]
by glikoma | 2008-02-18 02:55 | 星組

オサさん観た?ファントム。

オサさん情報を少しでも!と思いつつも・・・
NYの写真を見るのも楽しくて、ケロさんのブログを毎日チェックしている。

15日の写真も、ケロさんらしいセンスのいい写真だな〜
こんな写真を見ていると、本当にまたNYに行きたくなる。

そして、たくさんの写真に混じって、
ブロードウエイのディスカウントチケット販売所“tkts”と
“オペラ座の怪人”を上演しているMajestic Theatreの写真が!

わざわざ“tkts”と開演前(と思われる)の劇場を写しているという事は・・・
観た?観たよね?オサさん。

“オペラ座の怪人”を!
(残念ながらアンドリュー・ロイド・ウェバー版だけど)

・・・ん?下に“RENT”の写真もあるぞー。どっちを観たのかな?

オサさん初生ブロードウエイどうでしたか〜(見たと決めつけている)
楽しかったですか〜
そして晴れやかなNYの空の下、今日は何してるんですかー


Majesticの写真の下には特大“ケロちゃん”の写真が(笑)
これは、FAOシュワルツ?
おもちゃ屋ではしゃぐオサさんも目に浮かぶなー
楽しそうだな〜良かったな〜
[PR]
by glikoma | 2008-02-16 15:08 | 花組

勝手にミーマイ前夜祭。

『ME AND MY GIRL』のチケット並びに参戦するべくかき集めた
知人、同僚で宝塚のDVDなどを見て気分を盛り上げた後、
早朝から参戦して参りましたが・・・

あえなく敗退。

1000人(1100何人かだったような・・・)程並んでいたもよう。
外れクジは100枚程度だったようなのだが、
全員外れと大差ないカスのようなチケットを引いてしまったので、
チケットは買わず、電話とネットで再参戦するも
・・・まったく繋がらない。
結局、何とか初日と1日確保したけど良席なし。

一応、チ○流で千秋楽を見たけど・・・手も足も出ませんてーな値段。
かなみちゃんのサヨナラショー見たかったな〜残念。

まったく収穫が無い並びだったけど、唯一嬉しいのは初並びした人達が
思いの他楽しかったらしく、次回リベンジする気満々でいてくれること。
皆様ご苦労様〜。次回こそは!
[PR]
by glikoma | 2008-02-16 14:26 | 月組

変われば変わるものなのだ。で、その真実は

今じゃすっかりヅカ漬けで、日本のミュージカルも楽しみにしている私。
しかし、大きな声じゃ言えなが・・・・

実は以前は、海外ミュージカルの日本語版なんて見る気もしなかった。
(というわけで四季を見た事が無い)
宝塚なんて舞台を観ることの範疇にすら入ってなかった。
昨今、本場物が日本にもやってくるのに、わざわざそれの劣化版を見る
必要があるの?しかもメインはアイドルとかだし・・・
なーんて高飛車な事を思ってました。

本場物は確かに凄い。言葉がわからなくったって震えるぐらい感動する事もある。
でも、宝塚を観て初めて気が付いた。
言葉で伝わることの素晴らしさを。
決して上手いというだけでは伝わらない事があることも。
それ以来、日本のミュージカルを見ることにまったく抵抗が無くなった。
(いよいよ四季デビューも間近)
とにかくヅカにはまってしまったので、言うほど他のミュージカルは見ていないけど、
機会があったらどんどん見たいと思う。(でもあくまでヅカ優先)

これが先に四季を見ていたら、四季にはまっていたのかな?

否。 最近あるドラマを見ていて確信したのだ。
ミュージカルだとか日本語だとかそんな事はあんまり関係なかった(多少はあるが)。

私は単に・・・

『男装の麗人が好きなのだ!』(笑)

男装。男の格好というわけじゃなくて、男っぽい格好。ヅカ衣裳は、まんま男っぽい
様にも見えるが、実はヒールを履いたり華奢な作りだったり派手な色だったりと
まんま男の衣裳では無い。そして何よりも化粧をしている。

で、確信したドラマとは・・・CSでやっている『Lの世界』。
LAのレズビアン達の日常を描いた『SEX and the CITY』の様なドラマ。
これに出てくる“彼女が来ると誰かがその場を泣いて出ていく(笑)”という
プレイガールのシェーンがめちゃくちゃ格好いいのだ。わーん、好み。

そういえば、昔はシェーンのような美しいブリティッシュロックの貴公子に
夢中だったなー(遠い目)。
そっかー。変わったようで私って全然変わってなかったんだ。

“男でも女でも無いような美しい人が好き”

ただこれだけなんだなー(笑)昔っから。
宝塚にはまるのはいわば自然の理なのだ(笑)

でもこれは恋愛対象では無い。あくまでも愛でる対象として。
きっと自分がそっから遠ーーく離れた所にいるせいかもしれない。憧れだ。
恋愛対象の好みは“角張って髭”等々意外とノーマルなのだ。

ん?“角張って髭”・・・ゆみこちゃん!?  ハッ。。



つい暇過ぎてくだらない事ばっかり書いてるなー
[PR]
by glikoma | 2008-02-15 05:32 | 宝塚


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧