<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

雪組初日

ポンポン振って来ました~

芝居もショーも楽しい!楽しい!

ポンポン振るところは一瞬だけど一階席なら持参をオススメします!

初日だからトラブルも沢山あったけど…あー楽しかった~

まぁ細かい事は多々あれど…大野くんも齋藤くんもGJ!
特に大野くんのセンス好きです。
ラストも好きです~

とにかくポンポンは買いです(笑)
[PR]
by glikoma | 2009-07-31 22:03 | 雪組

蜘蛛女のキス再演

だそうです。

とても好きな作品だけど・・・

今度の蜘蛛女はかなりの歌ウマさんだそう。

私の場合コムちゃんありきなのでなー

オギーだけど・・・

行くかなー

行けたら・・・(弱気)

色々名作見逃してんだろうなー私。

でも、ヅカ好きだから・・しゃーないか。
[PR]
by glikoma | 2009-07-25 21:43 | その他の舞台

前山にて

オサさんのソロデビューシングル『前山にて』が届きました。

マメショックの身にはジンワリ染みる素敵な歌声・・・

女性だとか、男役だとかではなく

春野寿美礼の声が好きなのだなぁー

とシミジミ思います。

シングルなんて普通は買わないんですが

アルバムまで待てない(笑)

アルバムの前には『マルグリット』のライブCD、そしてアルバム

その後はいよいよコンサート。

オサ欠がなんとかしのげそうです。

『前山にて』が使われる映画もそろそろ発表?

欲張りだけど、次の舞台も早く発表されるといいなー

OG主演?とドキドキしていた『キャバレー』はノリカ嬢だったし…

まっ、私生活が充実の時だからゆっくり待ちます。
[PR]
by glikoma | 2009-07-24 03:04 | OG

マメーーーーーーーー(涙)

ミーマイの千秋楽、組長の後ろでずっと泣いてたマメちゃん。
その涙の意味を考えたくなかった。

いつかくる日だと思っていたけど・・・
来ないかもしれない・・・なんて都合の良い思いもあった。

宝塚の枠におさまる人じゃなかった。
でも、宝塚が大好きだったよねマメちゃん。
上手くいかないなぁ。本当に残念。

外の世界でのびのびと大きく羽ばたいて欲しい。
[PR]
by glikoma | 2009-07-23 17:38 | 花組

ジョン卿にトキメイテ。

私は髭おじさま(紳士)専科なのだ。

・・・と、今回のミーマイを観て確信した(今更)。

ジョン卿が好きだ!

DVDで観た久世ジョン卿もキリヤンジョン卿もそのかジョン卿も壮くんジョン卿もみわっちジョン卿も…みんなみんな好き。これから何度『ミーマイ』が再演され続けても、ジョン卿を楽しみに観ていけるんじゃ…と思えるくらいジョン卿というキャラクターが好きだ(笑)

今回は、壮ジョン卿とみわっちジョン卿を観たわけだけど、どちらも実にイイ。
みわっちジョン卿はオーソドックスな感じで素敵なおじさま。補正もちゃんとおじさまらしく、マリアの京さんともとてもバランスが取れていた。みわっちはジェラルドもとても良かったので、やはり上手い人なのだなーと思う。ただ、上手すぎて若干面白みに欠けるジョン卿ではあったかも。みわっちに関してはジェラルドの方が華があって似合っていたように思う。ジェラルドがただのアホに見えなかったことはかなり衝撃的だった(あひちゃんに含むところは無い)。どっちが正しいのかはわからないけど、みわっちのジェラルドは好きだ。

反対に壮ジョン卿はジョン卿にあるまじき華があるジョン卿で(笑)マリア京さんとはアンバランスなのに、ありかもと思わせる夢夢しいジョン卿だった。というか…とにかく格好いいのだ!壮ジョン卿。ジョン卿としてはどうだか良くわかんないけど、“髭おじさま(紳士)専科”としては100%好みです!後、壮ジョン卿はとにかく間合いがイイ。ジャッキーの時も上手かったので、壮くんがとにかく間合いが上手いのだ。だから思わず笑ってしまう。あの“私は・・・動けない”の間は本当に絶妙だった。

と、ジョン卿についてまず熱く語ってしまったけど、花組のミーマイ、主役の二人を始めなかなか役者が揃っていたと思う。
まとビルは賛否両論あったようだけど、どちらの意見も良くわかる。私はまとぶんの女性に対しても男性に対しても見せる兄貴的な色気や男気がとても好きなので、初日のあの裏返り声っぷりには少々退いた。元々、まとぶんのあの声は苦手なのだ。せっかく男前なのに…と惜しく思ってしまう。が、その反面今回“ビル”としてはあの声以外は非常にしっくりきたのだ。私はあさこビルが初ミーマイで、あさこビルが大好き。何てたってあさこビルは格好いい。でも…ビルとしてどうか?って聞かれたらわからない。でも、まとビルは何故だか“あぁビルだ”と思えた。あさこビルだと違和感のあった台詞の一つ一つにまとビルは違和感が無いのだ。だからちゃんとおもしろい。私が最後に見た時は、裏返り声は少なく“愛が世界をまわらせる”以外はほとんど気にならなかった。それより格好いい声が印象に残るサリーに愛情たっぷりの男前なビルだった。1カ所残念だったのは、“愛が世界をまわらせる”を裏返った声のままで歌ってしまったこと。切り替えが難しいし、役的にはあの声がいいのかも…だけど、私は男前声で聞きたかったなー。

そして、今回とても良いなーと思ったのは、ビルを受けるヘアフォード家の面々等みんなの間合いがとても上手く、本来笑うべき所がちゃんと笑うべき所として存在していた事。これは月組版を経て三木先生がブラッシュアップしたのだとは思うけど、花組っ子達のコメディセンスが良いせいもあると思う。
何と言っても、サリーの彩音ちゃんが良かった。彩音ちゃんは可憐な役が多かったけど『メランコリック・ジゴロ』でもコメディエンヌの片鱗はあったし、やはりきっぷのイイ役が意外と似合うのだ。今回のサリーはとにかく可愛い。もうバカな所が可愛い。ビルが大好きでバカなふりする所が可愛い。おバカビルと二人、何ともいえないバカップルぶりが、見ていて恥ずかしくなるぐらいなのに、可愛くて仕方がなかった。

ヘアフォード家の面々。京さんは博多よりずっとイキイキとしたマリアだった。可憐さに磨きがかかっていた(笑)まやさんのパーチェスターはもう職人芸。立ち姿がTCAPRESSのパラパラ漫画を思い出させて可愛かったなー。組長も間の良いヘザーセットで、部屋から調理場への転換の間がとても良かった。ふみかちゃんのジャスパー卿は声が若いのがずっと気になったんだけど、物腰は本当に可愛いおじいちゃまだった。さあやのバターズビー夫人はお似合いだったけど、いかんせん隣にいるマメのバターズビー卿が強烈過ぎて目に入りにくかった。あの赤ら顔。歴代バターズビーの中であれほどバターズビーをプロファイルした人もいないんじゃないかってぐらいのバターズビーぶり。妙にスタイルがイイもんだから白いスラックスが変に似合ってて…ホント目が離せない変なバターズビーだった。特に“家付き弁護士”の踊り…私はジョン卿が見たいのに!後、ジョン卿たちと組んで踊る“ちょいと”の所も妙に足が綺麗に高く上がっていて見とれてしまった(笑)こんなにバターズビーを見たのは初めてだわ。マメ・・・面白い子だ。

そして、役替わり陣。まぁくんのジャッキーはとにかく“デカッ!”足が長くて美しいんだけどとにかく常に“デカッ!”って思ってしまった。ジェラルドは華もたっぷりでお似合い。壮ジャッキーとの並びはお似合いの美男美女。歌声は伸びも声量もあって今後が楽しみだなー。今回は壮ジャッキーともに割と地声というか男声のままだったように感じたんだけど…?おかま風味満載で二人ともとても良かった。
壮ジャッキーはまぁくんの後に見たので、それ程“デカッ!”とは思わないものの、そのおかまぶりというか“猛獣”ぶりは最強で月組のジャッキーズが非常に可愛かったもんだから、とても正しいジャッキーを見た気がした(笑)最後の、まとビルの“俺は獣医じゃないからな”の台詞に納得できる(笑)とにかく企み顔の壮ジャッキーステキでした。

後、ミーマイといえば(?)イケメン仲買人ズ。初日はあまり印象に残らなかったのに楽近くは凄く格好良くなっていた!瀬戸かずやくんか真瀬はるかくんがかなり好みだったんだけど、どちらだろう?今回パンフレットと見合わせる暇も無かったので…残念ながらどちらか不明。あーもっと見たかった。
娘ちゃんはやはり姫花ちゃんに釘付け。誰が何と言おうとあの声もろとも好き。

今回、やはりミーマイは好きだなーと思ったのと、バウともども今の花組ってイイぞーと思える公演でした。

だから・・・次がベルばらってが残念でならないぃーー
[PR]
by glikoma | 2009-07-22 04:21 | 花組

めおちゃんの牧師姿に…

少しイロイロ落ち着いたのでブログを書く意欲が湧いてきました。
事態は好転してはいないけど、受け止めて前向きにやっていこうという気持ちになってきた…かな?これから何度も折れそうになる時が来るかもしれないけど、出来るだけ宝塚観劇を続けてがんばっていこうと思います〜

週末に観た二つの舞台が元気を沢山くれたから。

まずは、花組バウ公演の『フィフティ・フィフティ』
みつるも、めおちゃんも一皮むけたというか、本当に魅せる役者になりましたねー。『銀ちゃんの恋』の二人がとても良かったので、今回本当に楽しみな組み合わせでした。

みつるは文句なく役者として大きく成長したなー。プラス男役としても、ただその美貌だけでなく味わいのある魅力や包容力まで出てきて、見ている方がとまどうくらい。彼女の中で何かが大きく変わったんでしょうね。一つには“演じる楽しさを知った”というのがあると思う。舞台での楽しそうに活き活きとした姿は見ている方も自然に舞台へと引き込んでくれる。今回のジョナサンという少し複雑な役所もとても自然に演じていて、彼の心の揺れがこちらにもとても伝わってきた。そしてオープニングのダンスシーンなんかでは確実にお客さんを“釣ろう!”と意識的に見せている目線やポーズがサマになっていて、何だか私などは釣られる前に感慨深くなってしまったぐらいだった(笑)

めおちゃんは正直、私的になかなか魅力のわからない人だったのだけど、『あさきゆめみしⅡ』の柏木、『銀ちゃん』の橘、『哀しみのコルドバ』のフェリーペと私好みの役柄が続き徐々に気になる存在になってきた。そして今回のヴィクター。かなり好きです!イケメンぶりの怪しさ(妖しさではなく)は、ハッキリ言って某“ラーメンつけ麺僕イケメン”の人並に“怪しい”んですが、なんだか時々ときめいてしまった(笑)脳天気さんの裏にある影はヴィクターの魅力であり、それを演じるめおちゃんの魅力となっていた。ヴィクターがパメラとは結ばれず意外な道へと進んだことは私としては大いに納得で、いつも何故かそんな男に惹かれるので今回ジョナサンよりヴィクターに惹かれた自分にも大いに納得。
で、何よりめおちゃんのスタイルの良さはいつ見ても素晴らしいのだけど、今回あの牧師姿の似合う事といったら!実は女性とは思えないウラオモテの無いペラペラでスラリとしたあの体型は何なんだろう!羨まし過ぎるぞ!後で見た歌劇で本人も“牧師姿が似合う”と言っていたのには驚いたけどこちらも大いに納得(笑) 

邦さんのヘレン婆さんには泣かされた。今回私が泣いたのは、みんなの合唱(凄く良かった!)とヘレン婆さんがジョナサンとヴィクターに最後にかけた言葉でだ。お母さんネタは本当に弱いので今回はここがトドメだったように思う。
まりんさんは本当にいいよなー。結構男前なのにおもしろい役が似合う。貴重だ。専科さんがどんどんいなくなる今、本当に大切な存在だと思う。いずれの組長候補だとは思うけどずっといて欲しい。
以前のように?な使い方ではなく、正しい使われ方だと最近感じるともよさん。美形おじさま専科として今後も活躍して欲しい。
懺悔すると、ふみかくんとレネくんが微妙に見分けがついていない私。今回二人とも結構な活躍なので更に混乱したのだけど、これでちゃんとわかった…と思う。どちらも愛すべき存在でした。

らいらいは今回でかなり印象付いた。やはり今まで私の中で不確かな存在だったのだけど…。覚えました!ビリー。スタイルも良くて男前で…楽しみです。
だいもんは破格の出来っぷりで、私でもずっと前から目に付く存在だけど…私にはどーも女の子に見えてしまう。今回もあのリーゼントで着物着たらどこぞの格好いいママみたいだなーと思って見ていた。うん、女の子というより色っぽい女性に見えてしまう。でも、途中まったく出番が無いのが惜しいくらいの存在感ではあった。(ホント、いつまた出てくるのかなーと思っていた)

今回は娘役ちゃん達が活躍で眼福&沢山覚えることができて嬉しい。パメラのきらりちゃん、クララのれみちゃんは本当にカウガール姿が可愛くて可愛くて。れみちゃんは私の好きなまぁちゃんを思い出させるなー。後、あまちゃきは本当に目が離せない不思議な魅力がある。キャシーって最終的にいるのか?って役柄なのにとっても重要な役所のようにも思えた。キャシーが50/50の片っ方みたいな。

下級生陣で目に止まるのは、やはりアーサー。あの色気はただもんじゃない。
後一人、私の目を釘付けにした人が…それは…たそ…そう!天真みちるくん。あの髭面はなんじゃー(笑)しかも妙におっさんぽい演技で、目の前にくるともー目が離せなくて、真ん中でみつる達が演技していても目はみちるくんの髭面に…。髭といえど私の好きな“髭紳士専科”とは全く違うタイプ…なのに目が離せない。ジェンヌとして…いや女の子としてあの髭面の似合いっぷりってどうなのぉーー天真みちるくん…うめたそ…しっかり覚えました。
牛の二人もがんばってましたねー。最下級生とはいえど、香盤で“牛”とか“カウちゃん”とか“ブルくん”とか見た日にゃ、落ち込んだんじゃないでしょうか…。でも蓋を開けたら大人気の牛ズ。みらいくんとせいらちゃん良かったねー。

今回、石田先生を誉めるとしたら配役の妙だと思う(上目線でスミマセン。ジェンヌに優しく、演出家に厳しくなもんで)。『銀ちゃん』でも『50/50』でも“この配役は無いよなー”というのが無く、下級生にいたるまで良い配役だなーと思う。その分おもしろみにかける所もあるけれど、はまった時はかなりエエモン見せていただけるのだ。今回もみんなの魅力を“色んな方向に”引き出していたと思う。ジェンヌとしていいかどうかは別として…

しかし…舞台装置。あれは無いよなー。100歩譲って可愛…くはあるのかもしれないけど、センスは無いよなー。教会のあの十字架とか何だ?あれはどう見たってゲルマン系だろう。何か含みがあるのかと思ってしまう。とにかく学芸会か吉本かってノリだなー。ヅカに今一番必要なのは舞台美術のセンスなんじゃなかろうか。
[PR]
by glikoma | 2009-07-21 23:59 | 花組

オレとオレの彼女が可愛いすぎ

花組ミーマイ前楽行ってまいりましたー

初日以来でしたが、初日以上にハッピーな気持ちで舞台を後にしました。

またちゃんと感想書きたいんですが、
初日、はまり過ぎとやり過ぎ感が交互に襲ってきたまとビル、
今日は本当にカッコイイ愛すべきビルでした。
これまた今回想像以上に可愛いサリーだった彩音ちゃんともども
バカップルぶりがめちゃくちゃキュートな二人!
もうすぐ楽も終わりますねー
最後はみんなでランベスウォークしよう!ってまとぶんが言っていたので
ノリノリの楽になるでしょうね~
[PR]
by glikoma | 2009-07-20 18:38 | 宝塚

ポンポンて〜

色々情報に乗り遅れ中です・・・

雪組次回公演の“ポンポン”て、な、何ぃ〜〜?

一人でフルなんてめちゃくちゃ恥ずかしいんですけどぉーー

てか、みんなフルのーー??

雪組さんファンはそりゃーフルよねー?

初日、結構前方席で観る予定なんですが・・・

もー私は一人だけど絶対フルよ!・・って方いらしたら
教えてください・・・

取りあえず初日は朝からヅカにいる予定なので買っておくかな・・・

後、10歳・・いや20歳若かったら3つ4つフルんですけどねー・・・

は、恥ずかしいぃーーーー

齋藤くんめ・・・お客に羞恥○レイさせるとは・・・
[PR]
by glikoma | 2009-07-19 22:07 | 雪組

50/50

花組バウ公演『フィフティ・フィフティ』観て来ました〜

案の定泣いて(笑って)まいりました(笑)
この手の人情話で泣かない筈がない私ですが
(吉本の国の人ですからー。松竹新喜劇も好きですけど)
あんまりピントのずれたお話だったりしたら泣かないこともある。
今回も実は物語としての泣きポイントは意外と少なくて
やっぱり花組っ子達の熱演に泣かされたって感じです。

めおちゃん&みつるをはじめ、花組の若手さん達熱演でしたし
邦さんや王子、まりんさん達がキッチリ締めてくれているので
お話は、まぁアレなんですが、とても楽しい公演でした。
50/50というのは、何だか色々こじつけ過ぎて…
何が言いたいんだか…?ではありましたが。。
(パンフの石田先生のお言葉、私にはまったく意味不明…)

まっ、バウのような小さな箱でキラキラしたみんなを間近で観て
(客席降りの多さは石田先生GJです〜)
元気たんまり頂けましたので、ヅカ切れを潤すには十分な公演でした。
たくさんの下級生や娘ちゃん達が気になったので
また後ほど個別感想書きたいなーと思っています〜

で、明日はミーマイ再見でさらに元気フル充電予定!
[PR]
by glikoma | 2009-07-19 20:08 | 花組

禁断症状

何故か月曜と土曜の更新になっているけど…
意味はない。偶然です。

ヅカ切れ中…禁断症状か、
逆にスカステもヅカ本も見る気になれない。
というわけでかなりヅカ情報にうとくなりつつあります。。

久々に話したヅカ知人が
「星組良くなってたよー、涼未さんプルキルなんて特にー!」
と言ってました。

・・・見たいっ!もう1回だけ見たいぃー
行けるかなーダメかなー うーむ・・・

そんな私を不憫に思ってか同僚がスポニチ宝塚特集を
買ってきてくれました。見応え十分! ありがとー
[PR]
by glikoma | 2009-07-18 01:40 | 宝塚


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧