<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ここにもあそこにも。

雪組さん、舞台にも客席にも愛が溢れていますが、
今回、芝居もショーも演出の先生方の愛も一杯。

植田先生の愛は、舞台としては色々間違った方向に飛んでる気もするけど(笑)
宝塚への、ゆみこさんへの愛はイッパイ感じる。
最初は本当に空耳かと思った“鰯の頭も信心から”って台詞も
まぁいいっかーと思えるぐらい愛がイッパイ。
初めて宝塚を見る人や、舞台に目が肥えた人が観たら“?”だらけでも
私は嬉しかったなー。何かホント“宝塚”なんだもん。

稲葉先生のショーも、初見はあまり印象に残らなかったのだけど
2回目からは、本当に宝物の様なショーだなーと思う。
退団者への愛に溢れたショー。もちろん今の雪組としても。
作品としてはまだまだかもしれないし、これからどんどん稲葉色を出して
欲しいと思うけど、良く見るとなかなか意欲作だと思うんだなー(偉そう?)

普通ならそこはトップ登場でしょう、って所でゆみこさんが登場する。
はまこの美声が雪組の歌姫達の美声が劇場中に響き渡る。
なんて贅沢なんだろう。
稲葉先生もGJだけど、同時に水さんの大きさも感じる。
そしてやっぱり、先生方やスタッフのみんさんも思いは同じなんだなって。
どうする事も出来なくても、やれるだけの事はやってくれているんだと。

宝塚が今後どんな道を歩むのかわからないけど、
こんな部分はどんどん無くなって行くんだろうな。
でも、そんな“宝塚”はもう“宝塚”じゃなくなる気がする。
100年というのは何かが終わる時なのかもしれない・・なー。
なんて。。


今日の新公はどうだったんでしょうか?
彩風咲奈くんはなかなか好みなので見たかった。
(一時モーリーと区別が付いていなかったけど…)
また新しい時代が動き出すんだな。

月組の『HAMLET!!』を観た時、まさきの中にあさこさんを見た。
前は差ほど感じた事はなかったけど、あさこさんの後ろ姿を見て追っかけて
育って来たまさおの中には確実にあさこさんがいた。
今の雪組っこ達の中にも、ゆみこさんや水さんが受け継がれて行くんだな。
ショーで初黒燕尾群舞に入った、まなはる。
必死に踊る姿はまだまだで、着いて行くだけで必死という感じだけど
最後にゆみこさんのその背中を見ることが出来て良かったなーと思う。
はまこの歌の血が、確かに雪組に息づいている事は今回のショーでも
凄く感じられる。ショーの塔で歌うキムは激しさも増してきて凄く良かった。
だからこそ、心から惜しいな・・とも思うんだけど。
[PR]
by glikoma | 2010-02-23 23:59 | 雪組

愛がいっぱい。

私が観劇した日は、ゆみこさん会の総見で
前日がゆみこさんのお茶会だったみたいですね。

なるほどーどおりで・・・
劇場中を見渡す、ゆみこさんの目がとても優しくて
本当に愛おしそうに、慈しむように2階を見つめていて。。
まるで、ショーストッパーの様だったショーラストのソロはもちろん
芝居中も、ショーも本当に劇場中が熱くて温かい空気に
包まれていて感動的だった。こんな瞬間はありそうでなかなか無い。
偶然観劇した日がこの日で、私もそのおこぼれにあずかって
胸を熱くすることが出来てラッキーでした。
これからどんどん日を追うごとに熱気を増して行くんでしょうね・・

みなさんのお茶会報告を読ませていただいて
ゆみこさんって凄いなーと思いました。
トップになる事は叶わなかったけど、夢を追って辿ってきたその道は
本当に素晴らしかった思うし、なんら変わる物ではない・・・
私は今、本当にそう思うんです。
昨日私が感じた、あの温かい空間は今までのトップさん達の
最後の時と何ら変わることなく、愛と充実感に満ちていた。
ゆみこさんは、肩書きや羽の大きさでは語ることの出来ないものを沢山得て
私たちに沢山の沢山の夢をくれた。
もう、ただただ人として素敵な人だなと思う。出会えて良かったと思う。
私がゆみこさんを可愛そうに思うなんて、とんだお門違いだなって
痛感している。

そして今も変わることなくその道を歩み続けているゆみこさん。
私の残す時間は少なくなってきたけど、
最後まで、ゆみこさんの一瞬一瞬を大切に目に焼き付けたい。
[PR]
by glikoma | 2010-02-22 23:59 | 雪組

エクトール先生がっ。

本日は今公演最前列でした。
…と言っても、二桁の端席ですが…。

でも劇中、冷やかされて照れまくるエクトール先生が
オペラを覗くと目の前に!
可愛かったなー

見やすいのと、ショーのラストソロのゆみこさんを見つめるには下手だけど
上手もなかなか、ゆみこさんアングル良かったなー

今日は、ゆみこさんファン関連で何かあったのかな?
拍手が凄く熱くて、ゆみこさんラストソロで銀橋を渡りきった後、
いつもより長い拍手とゆみこさんもいつまでも劇場中を見渡していて…
泣けた…

本当に、悲しい悲しいと思いながら見ているんじゃないけど
退団者の神々しいまでに清々しい笑顔を見ていると
涙が勝手に溢れ出す。


大劇場、折り返しましたね。
[PR]
by glikoma | 2010-02-21 18:47 | 宝塚

駅が!

JR宝塚駅がリニューアルしていてビックリ!
随分、劇場への連絡が楽になったー

改札向かいのお店のオープンも楽しみ!
[PR]
by glikoma | 2010-02-21 14:19 | 宝塚

旅立ち。

高橋くん、おめでとー!
日本男子フィギュア初のメダル!凄いー
プルさんのお怒りはわかるけど、4回転を決めたとはいえ
やはり4年前のプルさんからは確実に衰えていたわけで…
ま、そういう意味でも果敢に4回転に挑んだ高橋くんは
格好良かった。
そして、ジョニーは大人だ(笑)苦労人だもんなー


閑話休題

ゆみこさんのスペシャルブック。
タイトルは「Departure」・・・

表紙の爽やかな笑顔がステキ。

初日のフィナーレ挨拶の時もこんな爽やかな笑顔でしたね。
水さんの方が緊張したような泣きそうな顔で・・・
なんだかその水さんの顔にハラハラしてこちらも涙が出そうだった。

2回目観劇、2階席から観たショー(ショーは2階席良かった!)、
ゆみこさんとさゆちゃんが銀橋を渡りながら歌う曲の歌詞が
「銀薔薇」のことだったりして泣けるんだけど、場面としては明るいシーン。
だけど、この日はこのシーンでふいに涙が流れ出して自分でも驚いた。
“悲しー”って思いながら見ていたわけじゃないのに。
「シルバーローズクロニクル」が大好きだったから。。。


きっと、ゆみこさんの“旅立ち”はもう始まっているんでしょうね。

週末また雪組観劇してきます。
[PR]
by glikoma | 2010-02-19 23:59 | 雪組

備忘録(4)追いついた・・・かな。

すっ飛ばしてきたので、色々漏れているけどとりあえず現在。

そういえば、色々ポスター発表もあったな。

月組『THE SCARLET PIMPERNEL』

きりやん美しいぃぃーーーー少年のようなパーシー。
二人のショーブランも随分若々しい。
まりもちゃんはさすが二度目、こなれた感が美しい。
楽しみが増すには十分威力発揮のポスターであります。

写真のレスリー・キーさん、舞台メイクの撮影には非常に適した方で
上手いし好きなんだけど・・・歌劇の表紙はどうなんだろう。。
まぁ、写真はともかくメイクが没個性で気になるー
あれで12ヶ月やられたら少々くどい・・気が・・するなぁ。。
以前の歌劇の写真がいいかと言ったら・・・だけど、ここ最近は
なかなか良かったと思うんだけど。。GRAPHのモード感とは対照的で
歌劇は歌劇らしくオーソドックスがいいのかなーなんて思っていたんだけど、
GRAPHより歌劇に・・や、過激に(笑)


宙組バウ『Je Chante』−終わりなき喝采−

素敵なんだけど、どこ見てるかわからん笑顔が怖いぞ。
これ、雪組遠征の為あきらめた。アリスちゃん見たかったなーー
発作的・・や、・突発的に見に行くかもだけど・・・


星組『激情』−ホセとカルメン−

うおっ、ちえちゃん男前。だけど顎はこれ以上痩けないで欲しいっ。
和央さんがやった役は誰がやるんだろー。真風くん?
ねねちゃんは大人っぽい役も似合うので楽しみ。
色々楽しみな公演。


星組バウ『リラの壁の囚人たち』

かなめちゃん、かしちゃんみたいだー。格好いい〜
男役としては正直いつまでも“後一歩!”感があるかなめちゃんだけど
(失礼ながら)最近はこんな男役もいいんじゃないか・・と(笑)
でも、この役はまた一つ転機となるだろうから楽しみだなー。
そして、久世さんがやった役は誰が??
メンバーから考えてゆずるん?そ、それとも美弥るり??
どちらにせよ楽しみだぁーー。

よっしゃ、追いついた!

・・かな?
[PR]
by glikoma | 2010-02-18 23:53 | 宝塚

備忘録(3)

さっ、さくさく追いつくぞー

しかしバンクーバーオリンピックで若干寝不足気味。
男子フィギュアフリーが楽しみだー。
ジョニー・ウィアーがいい具合に育ってくれていて楽しい限り。
日本勢も期待してます!


公式より(抜粋)
------------------------------------------------------------------------
2010/02/08
2010年 公演ラインアップ【梅田芸術劇場メインホール(7月・星組)、
博多座(8月・星組)】『ロミオとジュリエット』

星組 
■主演…(星組)柚希 礼音、夢咲 ねね

『ロミオとジュリエット』
原作/ウィリアム・シェイクスピア
作/ジェラール・プレスギュルヴィック
演出/小池修一郎
------------------------------------------------------------------------

うわぁぁぁーーーーーーー楽しみぃーー
これも早くから噂に上がっていたけど、やはり星組でしたか。
これぜひ本家の公演も観たい。とにかく楽曲が良いので楽しみ。
早速、仏版のオリジナルキャストのCDを取り寄せ中(笑)

本家と同じ舞台は無理でしょうが(あのスケスケ露出の衣装からして)
小池先生期待してますよー

宝塚でロミジュリといえば、『ロミオとジュリエット'99』。
水さん&かなみちゃんの伝説の舞台(笑)
いや、本当に水さん格好良かったなー
あの頃はみんなみんな花組だったなー・・・。

こちらも仏版も根本は1996年の映画『ロミオ+ジュリエット』でしょうね。
あれは、かなり好きだった。
音楽も衣装も設定も斬新で新鮮で、色の使い方が凄く美しかった。
そして何と言ってもディカプリオが美しかった。

悲恋物はあんまり好きじゃないけど、ここまで王道悲恋物だと
美しすぎて許せる(笑)
小池先生、とにかく派手にやってくださいねー!
[PR]
by glikoma | 2010-02-17 23:59 | 星組

備忘録(2)

やはりスカステで見た星組初日映像。

ちえちゃん、また痩せた?うむむこれ以上痩せませんように。

結局、ちゃんと感想を書いていないのだけど…
私、この作品『ハプスブルクの宝剣』

めちゃくちゃ好きですーーーー

本当に時間さえ許せばもっと見たかった。
1ヶ月公演が呪わしいわー

これこそぜひ1本物で見たかったなー
や、ショーが無いのはやっぱり嫌なんだけど・・・

荒筋みたいなストーリーではあったけど、
エリヤーフーの心の旅に心が久々に震えました(笑)
ちえちゃんがまたそんなエリヤーフーにはまっていた!
あのだだっぴろい、大劇場の空間を一人で埋めるちえちゃんは
本当に大きく見えた。

ラスト近く、エリヤーフーと父親が再会するところ、
組長いい仕事してますねー。涙無しには見られなかった。
後、エリヤーフーが最後に自分の行った事の成果を知り
自分の道を見いだすシーンも感動的だった。ちえちゃんイイ表情だったなー
最初は助長かと思った再会シーンも、苦労の末にエリヤーフーが
たどり着いた場所が幸福で良かったなーと今は思える。

珍しく見終わってから原作が凄く読みたくなった作品だった。
[PR]
by glikoma | 2010-02-16 23:59 | 星組

備忘録(1)

しばらく暇だったので・・・ゴロゴロしていたら・・・
こんなにさぼっていたとは。
何故だか暇になるとPCの前に座りたくなくなる私。

何から書いたらよいやら(笑)

まず、スカステで見た宙組千秋楽。
萬ケイさんの最後のご挨拶、素敵でした。
ケイさんがこんなにも愛した宝塚がいつまでも続くといいなー

実は、ダンディで現役男役の中でも屈指の色気があったケイさんの
最後の役が“サム”と知った時は少々残念だった。
でも、実際舞台を見ると、ケイさんのサムはとーーっても素敵で、
ケイさん自身、最後がこの役で良かったと言っていたように
私も最後にケイさんのサムを見ることができて幸せだった。
ケイさん、色気と深みと渋みと茶目っ気のある沢山の
素敵な男役をありがとうございました!

『カサブランカ』は結局1回しか見られなかったけど
時間が許せばもっと見たかった。
とても迫力のある盆まわりや映像の使い方が格好良かったし
宙組さんのコーラスが素晴らしかったので、ぜひいつか再演して欲しい。
[PR]
by glikoma | 2010-02-15 23:59 | 宙組

足りないものを言ってごらん。

月組バウ公演「HAMLET!!」を見てまいりました。

まさお始め月組若手熱演でしたねー
まさおのビジュアルは賛否別れる所だと思うけど
見終わった感想としては“ありかも”。
確かに見た目はかなり男役から外れていたけど、
見た目以外は完璧に男役だったと思う。

ただ一つ惜しいっと思ったのは…
長い盛りヘアでもなく、まっピンクの唇でもなく
これだけは、足りない!と個人的に強く思ったのは…

“モミアゲ!!”

ツルツルの綺麗なモミアゲのない顔がどーしても
女の子に…というか、男役に見させてくれなかったんだなー

きっと午前中雪組さんのちょー男前モミアゲとか
水さんの惚れ惚れする無精髭を堪能してしまったからかも。

はい、本日も急遽当日券で雪組見て参りました!
実家(宝塚の隣町)にいたのでいてもたってもおられず…(笑)

どちらも感想はまた。

とにかく、バウは至近距離でハツラツと踊る越リュウ様を見られただけでもお釣りが来ました!
[PR]
by glikoma | 2010-02-07 17:58 | 宝塚


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧