<   2010年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

安らかに・・・?

蘭とむコンサート全滅・・・ハウウッ・・・。

それはま、置いておいて・・・
花組大劇場公演『麗しのサブリナ』『EXCITER!!』 初日を
観てまいりました〜

例のごとくネタばれ全開ですのでご注意を。



星のロミジュリを観ると、ああいった激しいのが絶対イイッ!って
思う単純者ですが・・やはりこういった宝塚らしいオーソドックスな
作品も良いなーと思う、『麗しのサブリナ』でありました。

ま、原作物は基本がしっかりしてますもんね。
目が点になったり、顎があんぐり外れたり・・なーんて漫画みたいな
事が起こらないだけでも良し!って思う甘々ヅカファンな私。
しかし・・演出がなー。ココ!って盛り上がるであろう所が
ことごとく尻すぼみになるのは・・ちょっと惜しかった。
いくつかミーマイを思わせる所があるのは王道ミュージカル故
仕方ないんでしょうかね。

しかも今回、みんなはまり役。
まとぶんライナスは堅物だけど、いい男でこんな役ホントぴったり。
切れる様で不器用な所が何ともいえず可愛い。
蘭はなちゃんのサブリナの初々しいことといったら。
組長フェアチャイルドパパの複雑な気持ちも、面白い使用人ズが
応援する気持ちもわかる可愛さ。
この組長パパが良かった。ラストサブリナがパリへ立つシーンはジーンとくる。
使用人ズは小芝居一杯でいいですねー。出番も多いし面白い。
(ふみか、さあや、しゅん、きらり、マヨ、イマッチ、うめたそ)
そして、壮くんデイヴィッド。もうこんな役やらせたらピカイチ(笑)
でも、後半の心変わりしてゆくサブリナとライナスに挟まれた
複雑な心情表現が上手くて、格好良かったなー壮くんデイヴィッド。
ちゃらけた所も抜群で可愛かったけどー

みわっちは・・まー・・無理くりな役だから無理くり感は漂ってましたが・・
色んな役を難なくこなしているのはさすが・・というか・・勿体ない。
まっつ一花ちゃんコンビはさすがの息のあいっぷりが面白いんだけど
ショーでもこの二人のコンビが多くて・・少し寂しくなったなー
しかし、まっつはいつのまにかお笑いの間がめちゃくちゃ上手くなったなー
立派な関西人になったもんだ・・って生まれつきか?
今回役が少ないとはいえ、みつる、めおちゃん、まぁくん、だいもんの
4個一とか勿体なさすぎる。。使用人ズの方が美味しかったような・・

使用人ズ頑張ってるもんなー。パーティシーンなんか確実にそこだけで
芝居が展開してますもん。つい真ん中みないで使用人ズを
追っかけてしまった。しかし、うめたそイイ味出してんなーホントに(笑)
チェリーちゃんを射止めたらしい、Mr.ビーンズことマメの後を継ぐのは君だ!
使用人ズの一人、イマッチこと真瀬はるかくんは今回ショーでも
非常に目に飛び込んで来る一人。
しかし!好みで言うと、髭好きの私を釘付けにした冴月るなくん達、重役ズ。
重役ズ何気にミーマイの仲買人ズと同じで格好良く、私の好みの人が多い。
髭かっちりスーツに弱いだけか?出番が少ないのが残念。
後、アーサーにも髭付けて欲しい!
特別な役では無いけど、お料理学校での柚香光くんも目を引くなー

娘役さんは幕開きのじゅりあちゃんが美しいのと一花ちゃん、
コケティッシュなあまちゃき、ママのちあきさん、使用人ズのさあやと
きらりが可愛さ封印で頑張ってました。デイヴィッドの可愛子ちゃんたちは
物凄く可愛いのにやはり出番が少なくて・・娘役は比較的お笑い担当なのが・・
ま、可愛かったですけど。花娘は娘役さんがなかなか覚えられない私でも
可愛い!と思う娘役さんが多くて。。色々勿体なくて・・
でも、蘭ちゃんも花娘になったからには応援しますけどね〜

サブリナは、衣装取っ替えひっ替えでしたねー。さすがお披露目。
いくつか、うーんてのもあったけど登場のチェック柄のドレス姿は可愛いし、
あの白のドレスとデートに着た淡い紫のドレスはステキだった。
有名なサブリナパンツもキュート。
タイトルロールって事もあって、蘭ちゃんの“お披露目感”が強い演目だったな。
ここまでの初々しい可愛らしさは最近では珍しくて(失礼な!)
包容力あり系のまとぶんともなかなかお似合いでした。

おっと、またもやショーまで行き着かなかった・・
ショーは再演ってこともあっていきなりノリノリでしたねー
マメ達がいなくなって初めてのショーで何気に微妙に位置関係が
変わってるのが新鮮で色んな人に目が行きました〜
ショーの花男は相変わらず熱くて格好いい!
[PR]
by glikoma | 2010-07-30 23:59 | 花組

乗り遅れ。

調度色々あって乗り遅れ気味だったのは・・・

ゆみこさんの事。

新しい仕事がどんどん決まって焦るー
東京しかない公演はもう諦めがつくようになってきたけど
「Pal Joey」ですら乗り遅れたー
ぴあ、大阪は先行取り扱いなしってどういう事よー

ま・・大阪で完全に手に入らないってことは無いと思うけど・・
(残念なことではあるのですが・・このご時世・・)
発売日は忘れないようにしよう!

しかし、ゆみこさんたら・・
予想を裏切って(?)軽々と女に戻りましたねー(誉めてます)
隣の席の後輩(非ヅカファン)なんて
“彩吹さんと水さんは女になった姿が想像出来ません”
なーんて失礼なこと言ってるんですが・・
「Pal Joey」のHPの写真を見せたら驚愕してました(笑)

や、私も驚愕したんですがね。
その美しいかわりっぷり・・というか、変わってないのに女性!
ってことに驚いてます。
もしかしたら外見より心の男度・女度の差がそうさせるのかな?
ゆみこさん、心はとても細やかな女性って感じがする・・
・・ってことは、水さんも・・?んーーまだ想像がつかないぃー
・・ってことはさておき、
あんなに大平原が広がっていると思っていた場所に・・確かに・・
・・ちょっとショックでした(笑)

舞台早く観たいなーー
[PR]
by glikoma | 2010-07-29 01:58 | OG

Chopin et Sand

オサさんのCDが届きました〜


『Chopin et Sand-男と女-』

夏に聴くにはピッタリの涼やかな1枚でした。

はぁ〜早く引っ越して、綺麗な部屋でそよ風に吹かれて
このCDを聴きながら昼寝がしたい・・・

・・そんな感じです(笑)

ブックレットの写真がステキ(沢山写真が載っています!)

白いドレスのオサさんと黒いパンツスーツのオサさん。

以前の私なら迷わず黒のオサさんが好み。

でも、今は・・
白いドレスのオサさんがとーーーっても綺麗で
女性としてまーーーったく違和感が無くて(失礼な!)・・
ブックレットの写真を見たら、断然白のオサさんがステキ!

ま、どちらもステキなんですけどねー。

曲はやっぱりドラマチックな“追憶のバルセロナ”がいいわー
これを早く生歌で聴きたい!!
大阪公演は、この曲に参加のバンドネオンの小松亮太さんが
ゲストなのでライブでの二人のパフォーマンスが凄く楽しみ!

オサさんは断然ライブの人だと思う。
上手な人だからCDで聴いてもいいんだけど・・
ただ上手く歌うのではなく、
その時の心のままに自由に歌うことが出来る人だから
オサさんの歌は断然ライブで聴きたい。
それは宝塚時代も今も同じ思い。

今度のコンサートのぴあのインタビューで
-----------------------------------------------------------------------------
「宝塚でやっていたとき、自分は“歌の人”だとかそんなことはまるで思わず、
歌が自分の武器という意識もありませんでした。
ただ歌によって気持ちを表現することはすっごく好きでした。
・・・・・・』 @ぴあインタビューより
-----------------------------------------------------------------------------

と、語っていたオサさん。
私もまさにそう思って観ていました。歌が上手いから好きだったのではなく
その歌も含め彼女自身が表現する世界、その全てが好きでした。

だから、このCDを聴きながら今から9月のコンサートが
楽しみでたまりません〜


舞台の再演に関しては、残念な噂が出ているけど
あの時のオサさんや共演者のみなさんが作りあげた
あの時のあの世界が大好きだった私はそんなに落胆していません。
そりゃーもちろん、今のオサさんがあの役をやったら・・
それはそれで観たかった気はするけど。
でも、今の春野寿美礼がもっと素晴らしい新しい世界を
見せてくれると信じているから今はワクワクしながら
次のコンサートや舞台の情報を待っています〜
[PR]
by glikoma | 2010-07-28 23:59 | OG

そこには愛があるから。

あれはマリポーサではなく蘭だったのかな?

雪組大劇場千秋楽の映像を見ました。

どちらにせよ、胡蝶蘭でもなく薔薇でもなく・・
あれが水さんらしくとても美しかった。

水さんの雪組への、ファンへのそして何よりも
宝塚へ男役への愛に溢れた千秋楽でしたね。
明るくて、しめっぽくないのに見ていてじんわり泣けてきた。

あなたが愛してくれたから
私も宝塚を愛することができた。

水さんの残した言葉の通り、
後を継ぐこれからのタカラジェンヌ達が
宝塚に一番夢中であって欲しい。
宝塚を愛し続けて欲しい。
そうであれば、私も多くのファンも
宝塚を愛し続けることが出来るに違いないから。

水夏希

本当に格好良かった。
私が思い描く宝塚の男役そのもの。

私には水さんと違って大きな悔いがある。
後10年早く宝塚ファンになっていたら・・・
その輝かしい男役時代の全てを見ることが出来たのに。
それだけが残念。
[PR]
by glikoma | 2010-07-27 23:59 | 雪組

白い蝶

水さんのお花はマリポーサだったんでしょうか?

ネットや新聞の写真しかまだ見ていませんが
綺麗でしたね。水さんもお花も。
退団パレードでの袴姿のトップスターはみんな
清々しくて、凛として本当に美しい。

マリポーサ。
スペイン語で“蝶”

まさに水さんのためのお花です。

水さん、退団者のみなさまお疲れ様!おめでとう!

そして、ありがとう!!
[PR]
by glikoma | 2010-07-26 23:59 | 雪組

その汗と涙に。

そして今晩、星組『ロミオとジュリエット』も前楽でした。

ちえちゃんの汗が尋常じゃない。
後1日頑張って、ゆっくり休養して博多へ向かってください〜

1幕は涙涙で幕をとじたんですが、
2幕も半端無く泣いた(笑)

マーキューシオとティボルトが死ぬところから私は涙が
止まらないんだけど、その後みんなに取り囲まれ刑を
言い渡されるロミオ、そのロミオちえちゃん、私の席からは
後ろ姿しか見えない(今日はかなりの超超前方席!)のだけど
ポロポロ涙が流れ落ちている・・と思ったらずっと流れ続けているので
汗?うん・・多分汗だと思う。凄い汗でした。
でも、こちらへ向き直って見えたその顔には涙の後もくっきり。
汗と涙だったんだろうか。とにかくその姿に私も更に涙涙。

というわけで、かなりの前方席(しかも普通に梅芸で買った!)
だったので、みんなの表情がオペラ無しで見られ、
かなり入り込んで見てしまった。
みんな本当に美しかったわーー。
おかげでまわりのみんな一人一人の表情をじっくり見ることができた。

モナコちゃんが素晴らしいっ!!
怒りと嘆きの表情、仕草がたまりません!!
ティボルトの最後、そっと目を閉じてあげる姿も必見だけど
あの怖い顔がステキ過ぎる!!

でも、やはり一番感動したのはちえちゃんの飛び散る汗と涙。
本当にキラキラ輝いて・・本人はどれほど大変なんだろうかと思うけど
その姿には感動せずにいられない。

あぁぁーーーめちゃくちゃ博多に行きたい!!
でも、今年は行けないぃぃーーーーーーーー
雪組のロミジュリもあるけど、この星組のロミジュリがもっと見たい!!
DVD も出るけどどーしても舞台が見たい!!
見たいのよーー(ジタバタ) あーーん(滝涙)

うっう・・・
とにかくみんな明日の千秋楽頑張ってください〜〜


今日も出待ちは凄い人でしたねー(写真、出を見ながら・・)
f0074686_2223946.jpg

[PR]
by glikoma | 2010-07-25 22:23 | 星組

後少し。

今日はとうとう雪組前楽でしたね。
私は一足先に、土曜の午後VISA貸切が最後の男役水夏希でした。


しかし・・雪組の発表に色々な思いが溢れてグチグチ書いたら
やっぱりネガティブな思いには闇が寄ってくるもんですね・・・

最後の水さん雪組観劇前だというのに、朝から家関係
(家族ではなく新居の)で最悪の出来事があって
かなり凹みながら劇場へ。。

案の定芝居は、なかなか入り込むことができなかったんだけど
私にとって最後の水夏希男役姿をしっかり目に焼き付けようと
必死でオペラをのぞき込み続けました。
本当に格好良かった。段々大人の男役が減っているなか
これぞ!という男役の中の男役だった水夏希。
本当はとっても心配りの出来るお姉体質なのに舞台じゃ
あんなに格好良かった水さん。
そのトップ時代を追いかける事が出来て幸せでした。

ショーは凄い盛り上がりでしたねー。さすが雪組。
水さんの“お客さんのために”っていう気持ちを最大限に
感じるショーだった。これはAQUA5があったからこそでしょうね。
彼女達が観客と一つになる感動を知って更に客席を意識した
舞台を見せてくれた。雪組のショーは本当に楽しかった。

その集大成の様な今作は、凄い盛り上がりだった。
あんなに歓声の飛ぶ(通常の)大劇場の公演は久しぶりだ。
水さんの最後って事も忘れてノリノリで楽しんで
圭子お姉様の響き渡る美声にうっとり。
ハマコがいない寂しさが随分助けられたなー。。

でも・・あの金髪で水色の衣装で踊る水さんを見たとき
思わず涙が溢れ出した。
あそこの水さんはオペラで見ると汗いっぱいで、
動きもかなり一杯一杯で、とても優雅な感じでは無いのだけど
あの何度も何度も手を挙げて高みへと向かおうとする姿は
きっと、その恵まれた資質とは別にひたむきな努力を続けてきた
であろう素顔の水夏希とだぶってかなり胸にグッときてしまう。
そして、他のトップスターがそうであったように今この時も
まだまだ高みを目指して彼女は飛び続けているんだと思う。

たくさんの可愛い組子達を愛おしそうに見つめる水さん。
色んな思いを込めて水さんを見つめ返す組子たち。
まだもう少し・・後少し・・・
そんな雪組を見ていたい・・そう思えた。

明日は父が退院するので、お見送りには行けないけど
(ま、通常仕事があるんで行けないもんなんですがね・・)
男役水夏希、そして退団者のみんなの
宝塚最後の舞台が最高に晴れやかでありますように!
[PR]
by glikoma | 2010-07-25 21:53 | 雪組

最後の。

ロミジュリ観劇です。

も一幕終了間近の、れみちゃん乳母の歌から
涙が溢れて止まらない。

みんな凄く上手くなってる!

ロミオとジュリエットが舞踏会で出会って
二人で踊るデュエット…
ちえちゃんロミオから飛びちる汗が
キラキラ舞い散って美しくて…
ちえちゃんロミオは踊ってる間中ずっと
ねねちゃんジュリエットを見つめ続けている。
あぁその二人の姿に涙…

ゆずるんも絶賛進化中!

さぁ二幕です。
[PR]
by glikoma | 2010-07-25 18:02 | 宝塚

何かねーもー。

あー明日の観劇の為に早く寝たいのに寝られないっ!

何かねーもー・・

More
[PR]
by glikoma | 2010-07-24 02:00 | 宝塚

最後の一文。

内容にショック受けすぎて“最後の一文”
読んでなかった。

公式より
------------------------------------------------------------------------------------
雪組 トップ娘役について
この度、雪組のトップ娘役・愛原 実花が雪組東京宝塚劇場公演
ミュージカル『ロジェ』、ショー『ロック・オン!』の
千秋楽(2010年9月12日付)で退団致しますが、愛原の退団後、
定的なトップ娘役は当面の間設けず、
公演ごとに柔軟な配役を行って参ります。

【こっから下↓↓↓↓↓】
------------------------------------------------------------------------------------
以下の公演につきましては、オーディション等を実施し配役を決定しましたので、
併せてお知らせいたします。
------------------------------------------------------------------------------------

へーーーーーーーーー
オーディションなんだーーーーーーーー(・・出来るだけ棒読みで)
[PR]
by glikoma | 2010-07-23 22:18 | 雪組


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧