<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

とうこさん

聖子ちゃんリハーサルナウ(笑)

奈良も暑いけど、とうこさんの歌声を
聞きながら日影で涼んでいると気持ちいい〜
[PR]
by glikoma | 2010-08-29 15:50 | 宝塚

奈良!

とうこさんリハーサルナウ!
[PR]
by glikoma | 2010-08-29 15:31 | 宝塚

取りあえず。

や、正直言って何て反応していいかわからんぞ・・
・・な、小出しラインナップ。
取りあえず、最近の藤井先生に外れ無しとして・・
鈴木先生ガンバレ!
・・・ぐらい?
しかしまたエライ“ベタ”なタイトルだな。
内容の善し悪しは別として、タイトルって結構センス出ますよね・・



公式より
------------------------------------------------------------------------------------
2011年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】
<2月〜4月・花組『愛のプレリュード』『Le Paradis!!』>
花組 ■主演…(花組)真飛 聖、蘭乃 はな

ミュージカル・ロマン『愛のプレリュード』
作・演出/鈴木 圭

サンタモニカを舞台にした純愛物語。演出家・鈴木圭の宝塚大劇場デビュー作。

レビュー『Le Paradis!!(ル パラディ)』
作・演出/藤井大介

パリの魅力を現代的な視線で捉えたレビュー。
------------------------------------------------------------------------------------

さっ、明日は久々に休めるぞー
日曜の薬師寺“とうコン”に向けて休養だぁー
[PR]
by glikoma | 2010-08-27 21:22 | 花組

嵐のじゃなくて宝塚の大野くんはいずこへ。

私はネット依存率が高い。
・・事、宝塚に関しては特に。

だって、宝塚友がいないんだもん。
情報をいち早く教えてくれる友も、観劇後熱くミーハーに語り合える友も
いないので、寂しくネットで情報や感想を見るのを楽しみにしている。

で、いらん情報も色々インプットしているわけだ。
ま、いらん情報が大部分を占めるけども人間無知であってもいかんのだ。
・・なんて言い訳しながら。

さて、そんな中でまことしやかに囁かれている話が非常に気になる。

“大野くんが干されている”

(そういえば、嵐の大野くんはみきちぐに似ているなと思った)

オギーが宝塚に無き今、唯一この人の脚本なら見たい!と思うのは大野くんだ。
齋藤くんも好きだけど、萌え部分で決定的に相容れない所がある。
景子先生は乙女センサーに引っかかるもののコレ!という物にかける。
その点、大野くんの本はバッチリ。萌えもドンぴしゃだ。
物心つかない時の観劇は除いて、初生観劇は大野くんの『花のいそぎ』だったな。
思えば、私が宝塚にはまったのは大野くんとその後の
オギー・マラケシュ・エンター春野さんのおかげだった。

最後に観たのは去年の『ロシアン・ブルー』か・・・
実際今年の登板は無し・・・

いいの?

何があったかしらんけど、才能の飼い殺しだけはやめてください。
大野くんの方が完全に見限る前に。
[PR]
by glikoma | 2010-08-25 07:43 | 宝塚

支えているのは。

実際は、こんなに普通でエエ子やなーと思えるお嬢さんだって
多いんだろうなーと、見る度に癒される
マメブログととーやんブログ。

だからこそ早くに新しい道へと転換したのかも・・ですが。

そんな彼女達が舞台で頑張る姿を見るのが好きでした。

そして道は変わっても、元気で幸せそうな彼女達を見ると
こちらも元気を貰えます。


しかし、マメは私の中では随分上級生・・というか専科なんじゃ?
ぐらいのイメージで見ていたんだけど(失礼・笑)
ともみんと同期だったんだね。
やっぱり早かったなー
宝塚では異質の輝きを放っていたけど、魅力的だった。
うめたそがしっかり後を継いでいるのが・・(笑)

とーやんは、とても正統派の二枚目さんで順風満帆に見えたけど・・
まじめそうで、決して器用なタイプって感じじゃ無かったな。
退団後1周年のコメントはとても素直に正直に語っていて
とーやんらしいな〜、私の好きになったジェンヌさんに間違いなし!と
変な自信が強まりました(笑)

・・てか、だからみんな早く辞めるのか?(ひぇ〜)

そういえば、最近どなたかジェンヌさんのブログで宙組だった
きみつんの“男前”なステキな姿を拝見しました。
ジェンヌさんだって色んな人がいる。本当にそう思う。


マメは舞台に立っているのだから、いつかまた会えるよね。
[PR]
by glikoma | 2010-08-24 23:59 | OG

私はバカなファンだから。

星組バウ『摩天楼狂詩曲』−君に歌う愛−の前楽に行ってまいりました〜

某掲示板にも報告がありましたが、
ともみんアンソニーが華雅りりかちゃんナンシーの流した涙を
親指でそっとぬぐってあげるという“トキメキ”シーンを前方席で
がっつり見てまいりました。

というわけで、『摩天楼』後半チーム。
アイスがしーらん、エディーが美弥ちゃん、
ナンシーが華雅りりかちゃん、メグが音波みのりちゃん。

人が変われば印象がこんなにも違う。おもしろいもんです。
鈴木先生、意図的かある程度生徒に好きにさせたのか、
みやちゃんエディーがせあらちゃんクレアと一緒になって暴走していた(笑)

いやー面白かった。
2回目を観てみると、鈴木先生がファンへのサービス精神に溢れた
人だというのがよく理解できた。色々ちゃんとツボ抑えています。
ただ、話が面白くないだけ(笑)
これはこれでアリなのかもしれないなー
出演者に思わす“ジタバタ”したくなるような見せ場を作れるってのは
宝塚においては、非常に大切な事ですから。

後半チームで一番注目した人、それはメグの音波みのり(はるこ)ちゃん。
可愛い!メグが凄く可愛い。
前半のりりかちゃんメグは、ただのKYさんというだけで余り印象に残らなかった。
麻央侑希くんジョセフと恋が進行している事にすら気がつかなかった。
(これは、初観劇はセンターで動いている事にしか目がいかないという
私の視野の狭さも関係していると思う・・)
それは置いておいても、はるこちゃんメグ、見た目からして物凄くキュート。
等身バランスがとても良くて、派手なメイクと少しロリータ(?)な衣装が
コケティッシュなお色気をかもしだしていて、目が離せなかった。
ナンシーあんなに地味だったのに(笑)
やんちゃで、KYだけど正直もので真っ直ぐで、アンソニーに片思いで・・
メグというキャラクターの物語が舞台上でちゃんと息づいていた。

そんなメグに恋する、麻央くんジョセフがこれまた“男の子”って感じで
このカップルがとても可愛い。麻央くんまだ下級生だったんですねー
たっぱがあるし、金髪ツンツンの髪型にカーゴパンツとか衣装のせいもあって、
いでたちがまさに“男の子”。
女子プロレスラーに見えなくもない・・いやいや楽しみな大型ワンコ系。

とても楽しみだった、しーらんアイス。
普通にアイスでした。普通に凄く悪い奴。悪さが滲み出ていた(笑)
美弥ちゃんアイスが冒頭非常に紳士的でまったく悪い人に見えなかったのに対し、
しーらんアイスは冒頭から、一見柔和な笑顔や態度の下から得たいの知れない
悪が滲み出ていた。
時折見せる冷たい目線に“ヒャッ”として“ドキッ”とする。
しーらん目で語るんですよねー。上手い。
美弥ちゃんの時は羞恥プレイのようだった(目を離さず観るのに勇気がいったぞ)
バーでの“アイス・クレマン”ソング&ダンス、普通に格好良かった。
ただ、余りにも想定内で面白みに欠けたから不思議。
どちらも上手くてイイのだけど、エディーが可愛過ぎた。
宝塚においては、“何でも出来る”より“これしか出来ない”の方が
有利だったりするから困ったもんだ。

美弥ちゃんエディーは、何かアドリブ(?)だらけでコミカル度が
上がっていて、何だかエライ事になっていた。
しーらんって上手いんだなー・・って、しみじみ思った。
いつものクールさや熱さでまかなえるアイスとは違って、相手との間合いや
テンポ、タイミングが笑いに繋がるエディーという役柄は出番が少ない割に
難しい役だったんだなーと。・・でも!
美弥ちゃんエディー可愛い!!大好き!(笑)
物語からは浮きまくっていたけど、凄く可愛くて見ていて本当に楽しくて
ウキウキしてしまうエディーだった。
クレアとの姉さん女房カップルも、しーらんエディーとはクレアの無理矢理感が
強かったのに対し、非常に微笑ましくて似たもの同士カップルだった。

そのクレアせあらちゃん、また場内を爆笑させていましたが
(今回のニューマイカーはスケボー。前回はローラースケート)
フィナーレのスタイルの良さ等々を見るにつけて、本公演やヒロインとして
もっと使って欲しいなー。

りりかちゃんナンシーは、とっても等身大だった。
普通にナンシーがアンソニーに恋したことがわかるナンシー。
はるこちゃんのナンシーは、何故この人がアンソニーを?って思う格差カップル。
若くまじめで、可憐で清楚で、何か考えているようで何も考えていないような
気持ちが見えにくいというか、まったく感情移入出来ない
宝塚にありがちなヒロイン像。
ただ、りりかちゃんナンシーは、等身大の女の子としての未熟さや
一生懸命さが可愛いと思えるナンシーだった。
だからこそ!の“ともみんアンソニー親指でそっとナンシーの涙をぬぐう!”の
シーンはめちゃくちゃトキメキました。
素直で一途なりりかちゃんナンシーの綺麗な涙と相まって。

で、やっぱりみきちぐだなと。
ペラペラの若手では演じることが出来ないポール。
本公演でも、もっとこんなみきちぐを見てみたい。
一回目フルコーラス聞いた様な気がした歌は、実際はワンフレーズだった。
それぐらい印象的だったんだな。
みきちぐにこの役をあてた、鈴木先生は偉い!!
前回観劇時は“鈴木圭許すまじー”というか残念な気持ちで一杯だったのに
2度目見たら随分評価が変わっていた(笑)
ファンなんてこんなもんです。

そして、この物語を前楽といえど、熱く大きな拍手で一杯にした中心人物は
誰あろう、ともみんだ。彼女の前向きでひたむきでともすれば泥臭くなりがちな
芸風とアンソニーという役柄(鈴木先生のあて書きですね)がピッタリマッチし、
客席にダイレクトにその熱が伝わってくる感じは結構爽快だ。
クールで時折見せる熱ってのもイイ感じではあるけど(笑)
今の世の中、彼女みたいな人を舞台で見ると本当に元気を貰える。

狙っているにせよ、素にせよ、あの親指でそっと涙をぬぐうという事が出来る・・
それが男役、夢乃聖夏の魅力だと思う。

夏に見るには、そしてちょっと落ち込んでいる時には元気を貰える
楽しい公演でした〜


---------------------------------------------------------------------------------

後、今回非常にジレンマを感じる出来事があった。
宝塚ファンを続ける上で、この後幾度もこの思いに悩まされるんだろうか?

一応たたみます。

More
[PR]
by glikoma | 2010-08-22 23:59 | 星組

心得ていらっしゃる。GRAPH9月号

表紙からして格好いい!と噂のメモリアルブックはまだ未購入ですが
GRAPH9月号は買ってまいりました〜

“Adieu 水夏希サヨナラ特集”

・・・涙

とうとうこんな本も出てしまいましたね。

基本ムラお見送りの関西チームなので、私の中の男役水夏希は
もう見ることが出来ない人なんですが、こうしてまだまだ格好いい
水さんを見ると、まだまだ見ていたかったなー。
(今、東京でまだ熱い舞台が展開中なのも何だか夢のよう・・)

さて、GRAPHの特集ですが、写真イイですねー
卒業を決めた人は、一種独特の突き抜けた透明感のような物が
溢れでて、男役でも女性でもない美しさをかもすものですが・・
水さん、最初の写真!
思いっきり若返ってますやん!!
まるで少年のように可愛いお顔(笑)
次ページからはいつもの妖艶な男前水夏希なんだけど、
きっと今の水さんは最初の写真のように、全てやりきって、無駄な物は
全てそぎ落としたような、清々しい気持ちでいるんだろうな。
そして新たに“もっともっと彼方”を目指しているんだ。

そして、その後の和装コスプレ。
やーん、誰?この心得た写真を提案したのは!しかも眼鏡まで(笑)

何を隠そう、私が水夏希に本当の意味で開眼したのは、
中日お披露目の『星影の人』だった。
何だ!?この澄み渡る清く青い水のような人は!・・って。
“水夏希”とはよく命名したものだなと思う。
春野寿美礼もまさしく“ハルノスミレのような人”だったけど
水夏希もまた、まさしくその名の通り清く晴れやかな人だ。
水さんの魅力の一つである、妖艶さももちろん好きだけど、私は
あの沖田はんのように、凛として清く潔くそしてどこか儚げな姿もまた
水夏希の魅力の一つだったと思う。
もっと和物も見たかったな。

和装コスプレは、その沖田はんとはまた違って、粋で洒落た雰囲気だけど
やはり何と言っても眼鏡&マフラーの書生風いでたちが素敵。
巻末のはみだしショットがこれまた可愛い〜心得てる!

座談会なんかはこれからゆっくり読みます〜


そういえば、最近のGRAPHのお気に入りは、
“あなたのキメ顔撮って下さい!”のコーナー。これいい〜
小さい何でもないショットに、各々のサービス精神度とか
ショーマンシップ度なんかが何気にかいま見られて、面白い。

で、今回の花組バージョン。みんな同じ絢爛ポーズ。
ん?これって、個性が出なくて面白くなくない??って最初は思いました。
が、何の!!同じポーズだからこそ、如実に実力(身体能力?)の差や
個性が見えて面白い!
娘役でも千晶さん、一花ちゃん、じゅりあ、さあや、きらりちゃんは
そこらの男役より男前でステキ。時にきらりちゃん、表情まで完璧っ!!
路線チームは当たり前に格好いいとして、下級生面白いことになってる。

しかし、まっつの格好良さは何!!
あーまっつで“忍び”物が見たい!って感じの格好良さ。
まっつも若干メイクダウン系なのでぜひとも舞台でこの格好良さを!

というわけで、私の花組キメ顔大賞はきらりちゃんに決定!
(コメントは組長が最高でした。誰かに言われたんだろうなー・笑)
[PR]
by glikoma | 2010-08-21 09:28 | 雪組

しかし、ダダ漏れ。

噂は出ていたので驚きは少なかったかも・・のNEWラインナップ。

----------------------------------------------------------------------------
【宝塚バウホール、東京特別】
<1月〜2月・星組『メイちゃんの執事
−私(わたくし)の命に代えてお守りいたします−』(仮題)>

星組■主演…(星組)紅 ゆずる
----------------------------------------------------------------------------


ほぉーーーーーー。
ドラマを2、3回見て水嶋ヒロ演じる理人の格好良さに驚愕した。
後、榮倉奈々ちゃんのスーパーモデルみたいな体に幼い可愛い顔が乗ってる
スタイルにも驚愕。で、この2人がこの上もなく大根で・・可愛かった(笑)
原作漫画は、残念ながら絵がさすがに(年なもんで)受け付けなくて断念。
それでも1巻は買ったぐらい、シチュエーションは

好きですっ!!

はい。だから、とっても楽しみ。
ゆずるんの理人がはまるかは・・謎ですが、美形だからやり過ぎなければ大丈夫。
でも本当は、かなめちゃんで見たかったなーーー。
水嶋ヒロよりはまってたと思う。劇団のバカー
ま、娘役、男役ともに役は多いので色んな人の活躍が楽しみ〜
美弥ちゃんはぜひぜひバウチームに!!


----------------------------------------------------------------------------
【中日劇場】
<2月・星組『愛するには短すぎる』『ル・ポァゾン 愛の媚薬II』>

星組■主演…(星組)柚希 礼音、夢咲 ねね
----------------------------------------------------------------------------

『愛短』は、割と好きな作品だったので・・
でも、ちえちゃんで見たいかってーと役が大人しすぎるような・・。
とうこさんがやった役がかなめちゃん(なの?)というのも微妙。
宛て書きサヨナラ仕様なだけに・・
ちえちゃんって何の役してたっけ??チンピラみたいな役??

あの頃、わたさん、となみちゃんがいてとうこさんがいて・・
しいちゃん、きんさん、ことこと、ゆかりちゃん、南海ちゃん、
はやや、しゅんくん、しずくちゃん・・他にも沢山。
しみこ、うめちゃんの新公コンビももういない。
みんなその後、色んなことがあって色んな道に進んで・・・
あの頃の星組とは随分変わったことが感慨深いな〜
ついこの間の事みたいなのに。

『ル・ポァゾン』は歌だけ聴いたことがあるような。多分。
再演はいたしかたないけど・・多すぎるなー


ふー、ようやく現在にたどり着いたぞ。
[PR]
by glikoma | 2010-08-19 23:59 | 宝塚

この際だから。

色々出遅れついでに、ポスターの事なんか一通り。


蘭とむコンサート『“R”ising!!』
-----------------------------------------
あっ、普通に格好いい(笑)。
最近はディナーショーや単発ショー系にヒットが出やすい傾向があるな。
縛りが少ないのか、思い入れが強いのか?


雪組『はじめて愛した』
-----------------------------------------
散々既出ではありますが、HPの先行画像の方がいいよなー
キムらしい。で、ポスターはそれなりにハリー作品らしく格好いいけど
キムらしくない。お披露目なのに苦渋に満ちたシワが・・
気苦労が多いのだろうか・・といらん心配をついしてしまいそう。


雪組『オネーギンEvgeny Onegin −あるダンディの肖像−』
-----------------------------------------
ハハハ!コレはうって変わって、“らしい!!”
トドさまらしいし、オネーギンらしいし、ロシア文豪らしい。
さすが景子先生。でも、こちらもポスターの写真より
ふんぞり返った先行画像の角度の方が好きだなー格好いい。


星組『宝塚花の踊り絵巻』−秋の踊り−/『愛と青春の旅だち』
-----------------------------------------
こ、これは・・・宝塚らしいといえばらしいけど、・・40年くらい前の?
なんかねー。
“かなめちゃんは黒塗りじゃあかんのか!?”
コレにつきる。映画は確かにアフリカ系の鬼軍曹だったけど・・
いや、まさかね・・かなめちゃんだよ?美貌の人だよ・・まさかね・・
って!ホントにやらせるんかーーーっ!
・・ってね、軽く目眩がした。
石田先生ってば、ある意味裏切らないなー。凄いよ。
あっ、ちえちゃんは映画のリチャード・ギアよりは役に向いてると思う。
そこだけがね・・拠り所。


宙組『誰がために鐘は鳴る』
-----------------------------------------
これはねー、安全パイというか安心な布陣というか・・
ゆうひさんで、この作品で転けてどうするよ!?ってポスター。
・・うん。普通。普通に宝塚のポスター。
しかし、何故に縦一列。
蘭とむ、ちっこくて修正が入って・・誰?
すみ花ちゃんはショートが可愛い!


・・と、まー好き勝手言っていますが、毎回楽しみにしてますよー
(一応産みの苦しみもわかるのでフォローしたりして・・)
[PR]
by glikoma | 2010-08-18 23:59 | 宝塚

何から書こうか。

一応休み明け日程に設定しておりますが・・・
これを書いているのはずっと後です(笑)
書くことが溜まりすぎて何から書いていいやら状態。
とにかく、コレを書かなきゃ進まない・・

というわけで、星組バウ公演
『摩天楼狂詩曲(ニューヨークラプソディー)』−君に歌う愛−
お盆真っ只中に見てまいりました〜。(なので、前半チーム)

ちょー前方席のちょー端席。見にくいったらありゃしない・・という席。
バウは、前方席がまず見にくいのだけど、これが端っこだと更にひどい。
今回上手端だったんだけど、下手で何が起こっているかほとんどわからない。
・・ってのは、大げさだけどそれに近い物がある。
が、そんな端っこから見ていても、ともみんを始めとする星組若手さん達の
熱っいハートはドーンと胸に届きました。

が・・いかんせんストーリーが・・・なー。無い。
いや、ストーリーはあるんだろうけど・・ぶっちゃけまったくもって

“おもしろくない”

これは、結構ショック。大抵のヅカ作品を愛でる自信があると
常々自負していたので・・・愛が減ったのか・・。
それとも鈴木圭先生が悪いのか・・
『THE SECOND LIFE』は割と好きだった。今思えば贅沢な配役だったなー。
『逆転裁判』は、飛び道具としてのおもしろさとキャラ(ジェンヌさん)のみで
話はまったくおもしろくなかった。イベントみたいなもん。
『逆転裁判2』にいたっては印象にすら残っていない。
そして今回のコレ。宝塚にありがちなストーリーなんだけど・・・
私の調子が悪かったんだろうか。

・・という根本的な部分で多少乗り切れなかったものの、全体の感想としては

“楽しかった!”

話はおもしろくなかったけど、ド直球のともみんが真ん中でド直球に
熱く歌ったり、叫んだり、苦悩したり青春している姿はそれだけで楽しかった。
真ん中オーラのある人だ。
歌は良いときと、手に汗握る時が交互に・・って感じだけど
背中に“一生懸命”って文字がデカデカと見えるぐらいの熱演が好きだなー
あんな恥ずかしい衣装を着こなせるのもさすが。(誉めてます)
本が“アレ”なんで、アンソニーには一切感情移入出来ませんでしたが、
ともみんアンソニーの熱い魂(ハート)だけはしっかり受け取りました。

屋台骨はみきちぐポールとせあらちゃんクレア。
せあらちゃんのコメディエンヌぶりは噂に聞いていたので、なるほどな
おもしろさで場面を引っ張っていた。上手いわー。
みきちぐポールは、みきちぐの歌が聞けたのが嬉しい。
最後に全部かっさらっていったな(笑)しかし・・回想みたいなシーンで
出てくる伝説のスターはみきちぐじゃ無い。混乱したわー
しかも、伝説のスター(歌手)なのに歌がエライ事になっていた。
あれは・・大輝真琴くんか?ガンバレー。

で、バウの正しい楽しみ方は、ご贔屓の若手さんを愛でるに限る!
ってわけで、美弥るりちゃんアイスを存分に堪能させていただきました。
このアイス、一見ジェントルマンでクールで美男子のエリートサラリーマン。
でも実は裏の顔もあったりして・・と美弥ちゃん宛て書きっぽいぴったりな役。
ただ、美弥ちゃんだと、ともみんが熱いロッケンローラーを演るくらい
ド直球な配役過ぎて少々面白みにかける。そこで、役替わりのしーらんだ。
しーらんが演ると裏の顔もおもしろそう。そして、役としては出番が少なくて
物足りない今回しーらんがやったエディー。しーらんぴったりの可愛い役所。
コレを美弥ちゃんがどんな風に演るのか想像したら無茶苦茶楽しみだ。
この役替わりだけは、誉めてつかわすゾ!圭先生(って何様)。

美弥ちゃんのアイスは、もーぴったりで素敵。華奢なのが本当に惜しいのだけど
そんなトップさんは沢山いたから大丈夫!下半身が特に華奢に見えてしまうので
(実際かなり華奢なんだろうけど)補正やなんやかんやで乗り切って〜
美弥ちゃんの素敵な所は“男役たろう!”という意志が全身から放たれている所。
立ち居振る舞いから声まで“男役になる!”って言う気持ちがガンガン伝わる。
それが意識せず自然に出来た時、階段を登り詰めるんだろうけど
この発展途上の、見る側も“こっちが照れたら負けだ!”くらいの勢いがいる
今の感じがたまらなく好きです(笑)
人一倍華奢で可愛い顔立ちで普通にしていたら絶対男に見えない。
だからこその美弥ちゃんの強い意志が感じられる男役姿に惚れます〜
“Born to be wild”な男役さんも好きだけど(笑)、
足りない物をうめようと一生懸命な姿は、それだけで感動できるんだ。

ってことで、色々足りていないながらも頑張っている若手さんのキラキラの
姿を間近で見られるからバウって楽しい。
きむちは格好いいけど、立ち姿がまだまだ女の子だったなー
ヒロイン・ナンシーの音波みのりちゃんは宝塚らしい清楚な娘役さん。
歌が安心して聞けるって素晴らしい。
でも、宝塚にありがちなナンシーみたいな役柄って・・つまんないなー

今回、ともみんアンソニーのバンドメンバーは楽器生演奏だそうです。
やるなー。正直、そこは別に頑張らなくても・・って思っちゃうけど
色々経験することはイイ事だ・・ですよね。
みんなスタイルいいけど、まだまだメイクダウン気味なのが惜しい。

さて、次回は後半チームを観劇予定。更に前方席で見ます!
外も大概暑いけど、中の熱さも半端無いだろうなー
[PR]
by glikoma | 2010-08-17 23:59 | 星組


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧