<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ワンダフルタウン

梅芸でとうこさん主演の『ワンダフルタウン』初日を観てまいりました〜

バーンスタインの上質ミュージカルでしたが・・・

最初展開の遅さ、だるさに“古さは否めないなぁ・・”
なんて思ったのですが、なんの、古いというよりとても難易度の高い
ミュージカルだなぁーと思いました。

耳馴染みは良いけど、難しい楽曲やJAZZアレンジ、踊りだけで見せる場面
などなどかなりスキルを要求される様に感じました。
後、観客のノリも・・・

オギー演出でオープニングを観たら、花組の『TUXED JAZZ』を思い出した。
・・でも、宝塚の『TUXED JAZZ』の方がずっと華やかで楽しかったなー・・
と、まだまだ宝塚脳全開の私は感じてしまった。
日頃色々ぶーたれてるけど、改めて宝塚の華やかさを思い知らされたな。
『ワンダフルタウン』に出ている人達の方がずっとスキルは高いと思うし
上質なイメージはあるんだけど・・ミュージカルには、華が欲しい!!
オギーはやっぱり宝塚でこそ輝く人だったんじゃないかとぉぉ。。

全体にヒロインもとうこさんというより、(とうこさん出ずっぱりだけど)
妹役の大和田美帆ちゃんな感じ。
この大和田美帆ちゃん、上手い。というか、歌声が凄く好みです。
嫌みかアホに見えかねないアイリーンをとてもキュートに演じていて、
あのモテモテぶりにも納得。
ハムの人・・じゃなく、別所哲也さんのボブがいつとうこさんルースに
恋したのかが謎。(ま、本人気づいていなかったわけですが)
ルースのボブへの恋心ももっと頑張って欲しいな・・とうこさん(笑)
全体にもう少しメリハリがつくとイイ感じかなー

アンサンブルの背の高いダンサーの女性とヴァレンティ役の人、
星名優里さんのはじけっぷりがステキでした。
大阪なんで尻上がりにノリも良くなると思うので、
後半に観に行けば良かったかも・・

故郷を思って姉妹が歌う唄『オハイオ』がとても良かったな〜
今でも耳に残っている。

今日は初めて新居から梅芸へ。6時17分に家を出たのに間に合った!
近さを実感(笑)
[PR]
by glikoma | 2010-11-18 23:59 | OG

素直に・・・

蘭とむも大好きで、壮くんも大好きで・・・
もろ手を挙げて喜べないのは辛いなー。
蘭とむがいた頃の花組ファンとしては正直嬉しいのだけど
まとぶんと壮くんが率いてきた花組の歴史も
ちゃんとあるわけで・・複雑だ。。

誰もがトップになれるわけじゃないけど、
誰もが大好きなジェンヌさんにはトップになって欲しいと願うもの。

もし、壮くんに別の道があるなら・・
壮くんが蘭とむトップを支えると決めたなら・・
私はそんな2人を応援したい。


そして宙組はどこへ行くのか。。
星のかなめちゃんにやっと馴染んできたのになー
・・ってか、星2番手はゆずるん?
ゆずるん好きだけど、それはちょっと微妙だったりして・・
・・いやいや、人は与えられた立場でグンと成長するものだから・・
うん・・期待しています。


雪は退団者が出ましたね。
挨拶の無い退団は誰であっても寂しいものです。
密かに応援していたファンは悲しいだろうなー
(そんなのは応援のうちに入らないのかしら・・)
凰華れのくんの美貌はいつも眼福だったな。


しかし、“組”ってなんなんだろ?
[PR]
by glikoma | 2010-11-16 23:59 | 宝塚

反省。

大鳥れいさんのブログを読んでいたら、
同期で水さんの最後の公演を観たときの話があって
それを読んでいたらジーンとして涙が出そうに。。

宝塚っていいなーって、やっぱり思うんですけどね。

宝塚大好き!なブログを読んだりすると、自分のブログが
嫌になったりして・・・
ただ、宝塚大好き!って気持ちで書いていた頃に戻りたいなー

ところでハマコブログのはまこは可愛い過ぎるな。
あんな可愛らしい乙女がよく、あんなおっさんや
こんなおっさんを演じていたなーって。
ジェンヌさんてやっぱり凄いわ。
[PR]
by glikoma | 2010-11-12 07:32 | OG

ターゲットが読めない。

公式より
------------------------------------------------------------------------------
2011年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】
<3月〜5月・月組『バラの国の王子』『ONE』>
<4月〜7月・星組『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』>

月組
■主演…(月組)霧矢 大夢、蒼乃 夕妃

ミュージカル『バラの国の王子』〜ボーモン夫人作「美女と野獣」より〜
脚本・演出/木村信司

グラン・ファンタジー『ONE』−私が愛したものは・・・−
作・演出/草野旦


星組
■主演…(星組)柚希 礼音、夢咲 ねね
※本公演(宝塚大劇場公演)は第97期生の初舞台公演となります。

ミュージカル・ショー『ノバ・ボサ・ノバ』−盗まれたカルナバル−
作/鴨川清作 演出/藤井大介

ロマンティック・ミュージカル『めぐり会いは再び』−My only shinin’ star−
〜マリヴォー作「愛と偶然との戯れ」より〜
脚本・演出/小柳奈穂子

------------------------------------------------------------------------------


「美女と野獣」は、ジャン・コクトー版しか知りません。
あのイメージだと好きなんだけどなー
姉御まりもちゃんもどちらかと言うと、コクトー版のベル風味だし。
f0074686_524184.jpg

しかし、何か予感がしたのか『誰がために鐘は鳴る』のDVD購入ついでに
コレも買っていた自分が怖い。

というかまたコスプレなのね・・渋い紳士な髭きりやんはもう見られないのか。。


『ノバ・ボサ・ノバ』は、初演も再演も再々演もDVDもビデオも見てません。
スカステで役替わりは堪能したけど、ラテン黒塗りオンリーってのがなぁ・・
ノリも『激情』風味?・・ラテンラバーがお似合いのちえちゃんなんで
見たいっちゃー見たいけど。
後、演出が藤井先生ってのは期待していいんだろうか。
正直な所、私にとって藤井先生は外れじゃないけど当たりでも無いので。

小柳先生は期待してます。基本なんてったって女子には期待してます!
出来れば、古典コスチュームで現代アレンジ・・
そう、『Ernest in Love』のノリで!お洒落に小粋にお願いします〜
・・って、タイトルからして思いっきり全編現代アレンジっぽいんですけどね。。
ねねちゃんには任に合ったキャピっとして可愛い役をあてて欲しいな・・っと。

マリヴォーはよく知らないんですが、オースティンなんかは宝塚では難しいんですかねー
オースティンには“女子”の魂が詰まってると思うんだけど・・
登場する男性が朴訥なのが宝塚向きじゃないのかなー・・いやいや
ノリとしては『麗しのサブリナ』の世界じゃないか。ダメ?

作品どうこうもあるけど、この人だから見たい!
ってのが最近欠如しているのかもなー。。
[PR]
by glikoma | 2010-11-11 23:59 | 宝塚

お帰りなさい。

公式より
----------------------------------------------------------------------------
2011年 公演ラインアップ
【宝塚バウホール、東京特別】<3月・宙組『記者と皇帝』>

宙組
■主演…(宙組)北翔 海莉

バウ・ポピュリスト・コメディ
『記者と皇帝』
作・演出/大野拓史
----------------------------------------------------------------------------


私が大人になって、初めてちゃんと観た宝塚は
2004年星組バウホール公演『花のいそぎ』
作・演出:大野拓史
だった。


何かわけのわからん1年もの空白期間を経て
大野くんがバウに戻って来た。
お帰りなさい。


凄く嬉しくて楽しみなのと同時に、主演がみっちゃんで
大野くん×みっちゃんで・・軽やかに“宝塚”を飛び越えた作品に
なっちゃったりしたりして・・そんでもって2人とも宝塚からも
飛び立って行っちゃったりしないか・・・
なんていらぬ不安が過ぎったりしつつ・・

初めて観たのが大野くんの作品で、ラスト宝塚も大野くん・・
なんて事にならなきゃいいな。。なんて自分も心配だったりして。
今手元にあるチケット、花組の全ツと年末の月組DCの2枚きりだもんなー

ま、とにかく3月にはまだ宝塚に行く事にはなったわけだ・・
[PR]
by glikoma | 2010-11-10 07:13 | 宙組


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧