ここにもあそこにも。

雪組さん、舞台にも客席にも愛が溢れていますが、
今回、芝居もショーも演出の先生方の愛も一杯。

植田先生の愛は、舞台としては色々間違った方向に飛んでる気もするけど(笑)
宝塚への、ゆみこさんへの愛はイッパイ感じる。
最初は本当に空耳かと思った“鰯の頭も信心から”って台詞も
まぁいいっかーと思えるぐらい愛がイッパイ。
初めて宝塚を見る人や、舞台に目が肥えた人が観たら“?”だらけでも
私は嬉しかったなー。何かホント“宝塚”なんだもん。

稲葉先生のショーも、初見はあまり印象に残らなかったのだけど
2回目からは、本当に宝物の様なショーだなーと思う。
退団者への愛に溢れたショー。もちろん今の雪組としても。
作品としてはまだまだかもしれないし、これからどんどん稲葉色を出して
欲しいと思うけど、良く見るとなかなか意欲作だと思うんだなー(偉そう?)

普通ならそこはトップ登場でしょう、って所でゆみこさんが登場する。
はまこの美声が雪組の歌姫達の美声が劇場中に響き渡る。
なんて贅沢なんだろう。
稲葉先生もGJだけど、同時に水さんの大きさも感じる。
そしてやっぱり、先生方やスタッフのみんさんも思いは同じなんだなって。
どうする事も出来なくても、やれるだけの事はやってくれているんだと。

宝塚が今後どんな道を歩むのかわからないけど、
こんな部分はどんどん無くなって行くんだろうな。
でも、そんな“宝塚”はもう“宝塚”じゃなくなる気がする。
100年というのは何かが終わる時なのかもしれない・・なー。
なんて。。


今日の新公はどうだったんでしょうか?
彩風咲奈くんはなかなか好みなので見たかった。
(一時モーリーと区別が付いていなかったけど…)
また新しい時代が動き出すんだな。

月組の『HAMLET!!』を観た時、まさきの中にあさこさんを見た。
前は差ほど感じた事はなかったけど、あさこさんの後ろ姿を見て追っかけて
育って来たまさおの中には確実にあさこさんがいた。
今の雪組っこ達の中にも、ゆみこさんや水さんが受け継がれて行くんだな。
ショーで初黒燕尾群舞に入った、まなはる。
必死に踊る姿はまだまだで、着いて行くだけで必死という感じだけど
最後にゆみこさんのその背中を見ることが出来て良かったなーと思う。
はまこの歌の血が、確かに雪組に息づいている事は今回のショーでも
凄く感じられる。ショーの塔で歌うキムは激しさも増してきて凄く良かった。
だからこそ、心から惜しいな・・とも思うんだけど。
[PR]
by glikoma | 2010-02-23 23:59 | 雪組


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧