人気ブログランキング |

隠れキャラ登場。

覚悟していたとはいえ微妙な間のせいで変な期待もあり、
脱力感が想像以上に大きかったこの2日間。

感動の花組ドラマシティ千秋楽感想も書けずにいた。

でも、やっぱり劇場でたくさんのキラキラを見てきたら
私には見るべき人がまだこんなにもいるんだ・・って励まされた。
1人の人にのめり込ま(め)ない浮気性のミーハーな自分で良かったと思う・・
宝塚歌劇というものには大いにのめり込んでいるんですけどね。
(余計始末が悪いのかもしれないなー)

ので、重い腰をあげてまだ暖かいうちに書いておきます。
しかも、現実逃避気味なので無駄に熱く長くなりそうな気配・・・


『銀ちゃんの恋』梅田千秋楽

まだまだ余力を残している。そんな印象の楽だった。
まだ青年館があるもんなー。もちろんみんな全力疾走だっただろうから
ゆうひさんの声にも、みつるの声にも疲労がありありだった。
(疲れた声というのではなく、かすれてしまっていた)
でも、熱い熱いファンの拍手が、この作品のそしてみんなの頑張りを
物語っていたと思う。私も惜しみなく拍手した。

退団者3名への王子の言葉は優しく暖かく、本当にこの方を今回見直した。
偉そうな書き方になってしまうけど、本当に良いなーと思った。
清々しいチャーくんの笑顔もステキだった。もちろん他の二人も。
もう1回くらいカーテンコールがあっても良い気もしたけど、それはやはり
青年館の楽にとっておくのが良いかな。(行けないけど〜)

しかしそんな中、あんだけ泣き叫んでいたにもかかわらず全く変わらない
すみ花ちゃん恐るべし。本当にこの子は宝塚を超越している。
宝塚の娘役として、それが良いのか悪いのかわからないけど
見るのが楽しみな舞台人なのは間違い無い。
彼女が泣くとこちらも泣かずにはおれない。エリス生で見たかったなー

今回何と言っても、大誤算というか・・物凄く良い意味での誤算というか
さすが、劇団というか石田先生というか・・何言ってんだか全然わかんないんですけど
みつるにヤスの配役をした方、Good Job!としか言いようがない。
誰がみつるにここまで感動させられると思っただろうか。
舞姫を見た人は予測出来ただろうか。私には出来なかった。
今年に入ってからのみつると、舞姫の評判で楽しみではあった。
でも、ここまではまるとは想像出来なかった。

そもそも私がみつるに目を止めたのは、『落陽のパレルモ』新公。
その美しさに一目でやられてしまい、当時は大劇場でどっかにいるみつるを一生懸命さがしたり、友人に“アンジェリーナ・ジョリーに似た(私にはそう見えた)可愛い子がいるねん!見て見て!”と洋画ファンの友人を観劇に連れ出したりしていた(笑)
それが・・・私が見逃したのか、他の人に目移りしたのかそれ以来まったく目に止まることが無かった。全国公演『うたかたの恋』でのブラッドフィッシュまで。
エンターのラインダンスのお兄さんも可愛かった。しかし『落陽のパレルモ』の美形で落ちた私には、以後どこか頼りなくとぼけたような役続きで物足りなかった。
そして『舞姫』での好演の噂を聞き、スカステのまやさんの番組を見た時、
“あれ?みつる戻って来た?”と遅まきながら気がついた。そして、そして今回のヤスを見てやっと気がついた。そもそも私のスタートが間違っていた。みつるはクールな美形キャラじゃなくて“熱いヘタレキャラ”だったのだと(笑)
ここまで来てやっと彼女の本質、良さに気がついた。彼女自身もハッキリと演じることの楽しさを体感しているのがひしひしと伝わってきた。やはり、ターニングポイントは『舞姫』なのだろう。(本当に見逃したことが口惜しいっ)

“熱いヘタレキャラ”の真骨頂ヤス。
もー素なのか演技なのかわからないはまりようで、途中ヅカらしくヤスが白いタキシードで踊るシーンもあるのだけど、常に腰が引けていてちょっぴり不格好でまさに“ヤスが演じるジェンヌ風味”で、あれが演技なら上手いと思う。フィナーレ挨拶で最後に弾ける所も銀ちゃんゆうひさんに対して常に遠慮がちでおどおどした雰囲気が演技なら、あそこもヤスとしているなら“みつる恐ろしい子っ!”と言うしかない。や、多分フィナーレは素だと思うけど(笑)
ヘタレさだけじゃなく、哀愁ある演技も良かった。小夏と銀ちゃんを後ろから見つめる姿と背中で語るシーンは台詞が無くても泣けた。あそこは銀ちゃんも泣かせる。
ラストへの暴走する所も今日はちゃぶ台が盛大に飛んでいて迫力があった。
その後の、椅子の上で小さくなってぬいぐるみを抱きしめる所が余計に切ない。
コメディエンヌとしての間も上手かった。小夏との初夜(?)布団を抱きしめて
飛び退くヤスはめちゃくちゃ可愛い。
とにかく私にとって初めて見る、男っぽく魅力的なみつるがいた。
歌もあれだけ歌えていれば今後が楽しみだし、感情を乗せられるのは何にも代え難い。
かすれ気味とはいえ、声も凄く魅力的だ。

花組にいた大きな隠れキャラとしか言いようが無い(笑)

やはり長くなったので一旦切って、銀ちゃんへいきます。
by glikoma | 2008-10-15 23:55 | 花組


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧