2009年 04月 08日 ( 1 )

消えゆくものだから愛おしい。

スカステのとうこさんサヨナラ特別番組を見ました。

時間なかったんだなー

これはとうこさん退団に関する諸々全てにおいて感じていること。
たった半月、されど半月。

・・まっ、それはおいておいて。

意外なほど冷静に見てしまった。
まだ感傷に浸るには早い(実感がない?)という気持ちと
去る悲しみより、とうこさんが宝塚にいたこと
その舞台をこの目で見られたことが嬉しい・・そんな気持ちだろうか。

私の大好きな髭のとうこさんを見ることはもう無いだろうし、
男役ではなくなってしまう。
まだまだ、宝塚でとうこさんで見てみたい役もある。
でも、あの流星を、あのリコを、あの時のティリアンを見ることはもう出来ない。
その時の輝きはその時のものでしかないのだ。
『スカーレット・ピンパーネル』、あの初日1幕が終わった後の
鳴りやまない拍手の中に確かに私はいた。その幸せ。

ただただ一言で言うなら“寂しい”
とうこさんが宝塚の舞台からいなくなることが寂しくてたまらない。

だから、サヨナラ番組で泣かなかったのに
(泣いてるとうこさんにちょっと貰い泣き)
スカステの英真組長オペラグラスアイで、自分の特集なのに
とうこさんの事ばっかり語る英真組長に大泣き(笑)
じゅんこさんの思いに共感するから。
じゅんこさんのとうこさんを送る気持ちがわかるから。

雪時代あってのとうこさんだけど
最後は星組で良かったね、とうこさん。



そんな思いのなか、「ア・ビヤント」の楽曲大幅カットの報。
オサさんの時も大概ではあったけど・・

舞台は生ものだから、消えゆく物だから、その一瞬一瞬が輝きに満ちて美しい。
それを残したものはただの記録に過ぎない。
それでも、あの美しい瞬間へもう一度連れて行ってくれるよすがにはなる。
思い出として残しておきたいから、単純に残念だなーと思う。

ただ、オサさんが辞めてから舞台の映像ってほとんど見ていない。
すでにオサさんが動き出したことも大きいけれど
まだあの時の記憶は鮮明だし、例え映像で見たとしても
今心に残っているものの方が美しい気がする・・

しかし、著作料ってそんなに高いんだろうか。
ヅカDVDを買う人が圧倒的に少ない・・これにつきるとは思うんだけど
これでまた買う人が減ったらますます著作料を出すことができず・・
悪循環だなー
後は退団関連DVDにちらっと残ってくれることを願うのみでしょうか。


とにかくは、消えゆくものと心して一舞台、一舞台大切に見ること。

次回は雪組さんマイ楽日。
この瞬間の水さんゾロを、宝塚のとなみちゃんを、今の雪組を見るのは
これが最後!大切に見てきます〜
[PR]
by glikoma | 2009-04-08 00:52 | 星組


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧