人気ブログランキング |

2010年 01月 13日 ( 1 )

項羽と劉邦

やっぱり大好きな宝塚なんで・・・ミーハー熱が徐々に復活中。

そんなわけで、「項羽と劉邦」(笑)
まだ、星組さんも雪組さんも見ていないのに花組さん。
や、ハプスブルク展も行きたいし(その前に早く公演も)、
雪組さんのアンリー・デュナンも大変興味深いんですが・・・
男1、2、娘1ガッツリで楽しみといえばやはり花の『虞美人』。

というわけで(?)、『虞美人』の原作「項羽と劉邦」。
有名な割に何となくしか知らないので(四字熟語の宝庫とか・・)
色々調べているとやはりおもしろそう。

家柄も良く、豪傑で野心家の項羽と柔和で人柄が良く人望も厚い劉邦。
今までの役柄だと、どちらかというとまとぶんが劉邦で壮くんは項羽タイプ。
それが今回は逆。そこが面白いなー。いつもと違う二人が見たいぞ!
とくに黒風味のまとぶん項羽が楽しみだなー。
最近のヅカの当たり役は正統派の白ヒーローより、ちょっとダークな
黒ヒーローだと思うんですよね(私だけ?いやいや)。

ヅカ版はどうか知らないけど、Wikiなんかで初演のあらすじを読むと
原作からそう遠くもなさそうだし、何と言っても今回はキムシンが
“原作である長与善郎作、戯曲「項羽と劉邦」から新しく構成し直し(公式より)”
・・てくれるそうなので、かなり楽しみですねー。
しかも初演時は、本物の馬が登場したとか。となると、あの“鬼鹿毛”キムシンが
今度はどんな派手なことをしてくれるのかとワクワク(笑)

そんなこんなで、これは司馬遼の本か横山光輝の漫画読まなくちゃ!と
ミーハー心満載で検索したら、司馬遼は全3巻で横山版は、なんと全21巻!・・
本は漢字の名前だけで混乱して読むのにかなり時間がかかりそうだし、
漫画といえ21巻はなー・・・こりゃーダメだと、映像を探したら
中国のドラマ版で「大漢風」というのが。
かなりそそられたけど、こちらもDVD-BOX3組とかなり壮大・・・
で、映画で無いかなーと探したら・・・ありました!

スティーヴン・シン監督、コン・リー主演作品
「項羽と劉邦/その愛と興亡」

これは、劉邦の后である呂雉(コン・リー)の視点で描かれているので
戦が中心の他の原作物と違って、女性視点で恋愛がメインらしく
よりヅカ版に近い雰囲気なのでは?と・・睨んでます(笑)
レンタルで探そうかとも思ったけど、映画としての評価も結構高い作品らしく、
好きなコン・リー主演なのでDVDを取り寄せました(笑)
見たらまた感想書きます。

キムシン版の呂雉(呂妃)を誰がやるのかも楽しみだなー
すみ花ちゃんがいたら、まさにぴったりの役だけど・・
間違いなく時期花娘役の為の役柄ですよねー。楽しみだ。
by glikoma | 2010-01-13 23:59 | 宝塚


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧