人気ブログランキング |

2010年 05月 16日 ( 1 )

センターで見ることの意義。

『薔薇サム』や『ローマの休日』と書きたい感想は山積みなんですが、
やっぱり一番目からウロコ…というかノックアウトされたこれを書かねば!

…ってわけで、
星バウ公演『リラの壁の囚人たち』を観てまいりました。

いつもは、何故か当たる“超”前方席(もしくは“超”後方席)で見づらい思いをして
観るバウ公演。“超”前方席、役者の表情がオペラ無しで見られるって以外は
あんまり美味しい席ではない。まだ“超”後方席の方が見やすいと思う。
では、バウでの良席は?と聞かれれば(聞かれないけど)
“10か11列目のセンター!”と、私は答える。
今回は自然にチケットを手に入れることが出来なかった為
某所でその席をゲット。久々の良席はというと・・・

“いい!!”

何がいいかって、センターにいる役者が“私に向かって”演技してる(笑)
や、そう勘違いしそうなぐらい真ん中の人と目線が合う(気がする)んですよ。
座ってみると改めてセンター席が人気あるのが理解できます(今更)。
ま、大劇場だと端は端なりに楽しみ方があるんですけどね(笑)

で、その真ん中にいる人が格好良かったら・・・もードキドキものです。

やーー今回かなめちゃん、格好いい!!本当に格好いい。
美貌の無駄使いとか、ヘタレとか誰が言ったんだコラッ!って
言いたいぐらい格好いい。
低温そうで実は熱い男、英国人レジスタンスのエド。
役がはまっていたってのもあるけど、確実にかなめちゃん成長したよなー
ちゃんと男役の色気とか格好良さがあった。
歌も随分上手くなっていたし、何というか見た目がとにかく格好いいので
そでから姿が現れるだけでドキドキ。今までも確かに美しくはあったけど
男役としての魅力にはイマイチかける気がしていたのに…どうして?
きっと全ての積み重ねと意識の差なんだろうな…きっと。
星組2番手であること、センターに立つこと。そしてこれはまったくの想像だけど…
ゆみこさんが2番手退団したことはジェンヌさん達にも大きな出来事だったと思う。
今までもよりも更に不確かとなった自分たちの立ち位置。
きっと色んな意味で自分のことを考えた人も多かったと思う。
そんな中で、この役にかなめちゃんは全力で挑んでいるんだろうと思う。
ま、役柄的にも抑え気味の役なので若干のヘタレ感は否めないものの、
それすら魅力に感じさせる物が今回はあった。
何よりあの軍服コートの立ち姿の美しさは神。

そんなかなめちゃんがセンターでこっちを見つめる(気がする)んだから
もーーかなり心臓がハクハク(byうめちゃん)で(笑)
その上、美弥るりちゃんギュンターは美貌のドイツ将校で金髪も麗しく、
華奢ながら軍服姿がお似合いで、その冷たい表情とは裏腹に
マリー音波みのりちゃんへの複雑な愛が切なくて…二人の物語も見てみたい。
しーらんジャンが可愛い!憎たらしいんだけど、その憎たらしさが
もー凄く可愛い(笑)バカなんだもんジャンって。本当にポーラが好きなおバカ。
しーらん上手いよね。あのジャンには“キュン”とする人多いと思う。
(ジャンってそんな役であってるのか?)
そしてそして、ゆずるんのジョルジュ。やー驚いた。初演は未見なもんで
ジョルジュがどんな役かまったく知らないで見た。ぶっ飛ばし気味のゆずるんに
最初はビックリしたけど、彼の叫びに自然に涙が溢れた。
ゆずるん大きくなったなー。メイクも上手くなって男前度アップだし。
ある意味あのソロは“かっさらった”って思った。
今、もう一度ゆずるんのカレーニンが見たい。
しかしあまりの急(って事も無いんだろうけど)成長に、フィナーレの
美弥るりちゃん、しーらんとの歌はちょっと…アレで何かホッとした(笑)

娘役さん達も良かったなー。ポーラのれみちゃん。やっぱり好きだなー。
今回彼女の何が好きなんだろうと思いながら見ていたら、やっぱり声かな。
歌声も凄く好き。寄り添い系で、男役さんとの相性が良いというか。
でも、ソロでもちゃんと聴かせる力もあって。今回芝居はちょっと力が入ってる
かなーと思ったけどバウヒロインで終わらせるには本当に勿体ないと思う。
宝塚の娘役らしい娘役って感じだけど、ちゃんと芯には細いけど鋼のような
心がピンと真っ直ぐ1本ある感じが好き。
マリーのみのりちゃんは綺麗だった。彼女が魅力的でエドがマリーよりポーラに
惹かれる理由が少し弱く感じるほどだった。れみちゃんは可愛いんだけど
エドがより惹かれる理由が弱く感じた。罪な男だなエドって(笑)

脇も厚くて、星はやっぱりいいなーと思った。
美城れんくんは素敵な叔父様が出来る貴重な人だし、そのまんまで素敵な叔父様の
にしきラブ様は言わずもがなだし。あの息子へのダダ漏れの愛にはジーンとしたなー。
天寿光希くんは上手いのに麻央侑希くんとのコンビはいささか不利だったかも。
麻央侑希くん、かなめちゃんと並んでもひけを取らないあのスタイルは凄い。
顔も女の子っぽさが薄いので下級生の割に男役っぽいし。私的には小柄な人を
好きになる事が多いので、小柄さんに頑張って欲しいけどガタイの良い人は
やっぱり特だなーと…や、そりゃガタイが良いだけではどーにもならないことも
あるわけで…難しいもんだ。
ルイズのころちゃんは上手いので、“ココ”って決め所で多用されていた気がした。
とても目を引くジェンヌさん。

物語的には正直古いし、どーってこと無い感じなんだけど
“古き良き宝塚”って感じがバウの雰囲気にあっていた。

とにかく今回は、美弥るりちゃんにやられる気満々で挑んだのに
かなめちゃんにやられて自分でもビックリというのが一番でした。
これで『ロミオとジュリエット』がますます楽しみに。
…しかし、かなめちゃん、とにかく“ド真ん中が似合う人”って
可能性もあるからなー。
や、期待してます!
by glikoma | 2010-05-16 23:59 | 星組


人生もとっくに折り返したというのに宝塚と出会い軸道修正を迫られつつも猫とまったり暮らす日々。glikoma508@yahoo.co.jp


by glikoma

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
My おとめ
宝塚
花組
星組
雪組
月組
宙組
スカイ・ステージ
OG
その他の舞台
猫・日常
未分類

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧